顔汗を止めるには、かかない対策をしてるプロから学べ!

「顔を水で洗って、拭かなかったの?」

そう言われてもおかしくないくらい汗で顔がびちゃびちゃ。

嫌ですねぇ。

拭けばいいわけですけど、どんどん汗が滴り落ちてくる。

困りますねぇ。

汗をかくのは体温を下げるため。だったら、体を冷やせばいい。

顔汗を止めたいって事は、顔を冷やすの?アイスノンとかをずっと顔にあてて?

いやいやいや!それができれば苦労しない。

なんとかしましょう。

顔に汗をかきたくない人、止めたい人は、この方法を参考にしてみてください。体を冷やす以外に方法があったんです。

顔汗をかかない人とは

それは、芸妓さんです。

顔に汗をかいてしまうと化粧がとれてしまいますからね。

「芸者の高帯」というのを聞いたことがありますか?

芸妓さんは、帯を胸元で強く締めています。

こうすることで顔に汗をかかないようにしているのです。

昔から芸妓さんたちがやっている方法です。

でも、なんで胸元を締めることが顔汗に関係するんでしょうか。

顔とは、ちょっと距離があるのに、なんで?

なんでだろ~なんでだろ~♪

それはですね~、えっと~…。

って、もったいつけてすいません(^◇^)

顔汗を止める方法は「圧迫」

汗というのは、皮膚が圧迫されているところからは出ません。

どういうことかというと、例えば寝ている時。

仰向けで寝ている場合、背中が圧迫されますよね。

そうすると、背中は汗をかきません。

その代わりに、お腹や胸が汗をかきます。

圧迫されている箇所の反対側が汗をかくのです。

というわけで、圧迫が顔汗を止めることになる、と。

それでは、やり方を。

顔汗を止めるために優先的に圧迫していきたい場所とは、首です。首元をグイッと…冗談ですよ~(笑)

それだと首が絞まって大変なことになりますから!

正しくは、脇の付け根の高さでグルっと1周。

紐でもいいんですけど、「汗止め帯」というものが売ってます。

こういうものを使って、キュッと締めます。

顔汗の対策は「汗腺」

日頃からやっておけばバッチリという対策があります。

顔に汗をかきたくなければ、他から汗を出せばいいのです。

実は上半身の汗腺は働き者。その一方で下半身の汗腺は運動不足などですぐに休眠してしまいます。

顔汗を抑えようと思ったら、休眠している下半身の汗腺をたたき起こしてやりましょう!

それには、運動で手足の筋肉を動かしたり、足湯などで手足を温めたりして、汗をかくこと。

そうすることで衰えていた汗腺が活発になり、下半身も汗をかくことで顔汗を抑えられます。

運動って、健康のためにも重要ですが、汗の対策にもなるんですね。運動不足は本当に良いことないなぁ。

その他だと、馴染みがあり、誰でも知ってる汗対策といえば制汗剤ですよね。

ドラッグストアなどでスプレータイプの制汗剤をよく見かけます。

実はあれってほとんど脇用なんです。

脇用を顔に塗るのはちょっと…

顔用は売っていないのか?

売っていました!

サラフェです。

こういうのもありますよ、ということで。

あと冷やすとすれば、首の後ろ、それと首元のリンパ節です。顔面を直接冷やすのではありません(笑)

まとめ

顔汗をかかない方法は、

・上半身を圧迫すること

・下半身の汗腺を活発にさせる

でした。

人間の体は不思議ですね。胸元を圧迫すると顔の汗が止まるなんて。

で、これは芸妓さんがやっている昔ながらの方法なわけです。

昔ながらって事は、たまたま偶然発見されたとか、経験で生み出されたんでしょうかね。

ある1人の芸妓さんが、気まぐれで、いつもより上の方で帯を縛った時があって。

「あれ?何か今日、あんまり顔に汗かいてなくない?」みたいな。

そんな喋り方するわけないか。今時の若者じゃないんだから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする