花粉症などのアレルギーが治った方法で効果のある食べ物とその理由

花粉症など、何かしらのアレルギーがある人は、あの環境を良くすれば、アレルギー体質を改善することができます。

あの環境が乱れてるから、アレルギー症状が出るのです。

まだアレルギーになってない人も、将来のために予防として知っておきましょう。

スポンサーリンク

花粉症やアレルギーに効く食べ物

もったいぶったりしません。

理由の前に、さっさと言っちゃいます。

効果的な食べ物とは・・・・

腸内環境を整えてくれるもの全部。

ヨーグルトに限らずなんでも。

お茶でも、野菜でも、果物でも、飲み物だろうが食べ物だろうが、とにかく「腸にいいもの」です。

花粉症の人は、便秘だったりしませんか?

それでは説明していきます。

花粉症を治す方法「アレルギーと免疫力の関係」

いろんなアレルギーがありますけども、例えば、花粉症。

そもそも花粉は、人体にとってほとんど無害なもの。

花粉が悪いものなら、全員が花粉症になってるはずです。

でも、花粉症じゃない人もいるし、去年まで花粉症じゃなかったのに、今年から花粉症になっちゃったって人もいますよね。

なんでそんなことが起こるのかのポイントが「免疫」です。

まず、免疫について知っておいてください。

免疫力が低下するとか上げるって何なのか意味を分かりやすく説明
薬に頼っている病気や体調不良は、免疫を上げることによって治すことができます。 何か病気になった時に、やたらと「免疫」って聞くけども。 ...

花粉が体につこうと吸い込もうと害はありません。普通は。

しかし、免疫バランスが崩れていると、ヘルパー t が花粉を有害物質だと認識します。

体から排除しようとして暴走。

o(・ロ・)○()o×)/ 喉や鼻の粘膜など健康な細胞を次々と攻撃。

その結果、鼻や喉で慢性的な炎症が起き、鼻水やくしゃみなどといった花粉症が引き起こされてしまうのです。

花粉が鼻や喉に炎症を起こしてるんじゃなくて、花粉にビビったヘルパーtの暴走が原因だった、と。

だから花粉症じゃない人が存在する理由が分かりましたね。

花粉症じゃない人のヘルパーtは、花粉に騒がない。tレグも働いているから、ヘルパーtがおとなしくしている。

今年から花粉症になっちゃった人は、去年まで免疫バランスが整っていたのに崩れてしまった。で、今年からヘルパー t が花粉に騒ぎ始めた。

こういうわけです。

花粉症を発症しないために

ヘルパー tが暴走しているから、アレルギー症状が出ることが分かりました。

じゃあ、免疫力を低下させてヘルパー tをナマケモノにすればいい!

そんなことを考えてしまいますが。

そもそも、tレグが弱くなって、免疫バランスが崩れてるからヘルパーtが騒ぐのです。

(ノε・ 。)ヾ(・ω・`*) tレグよ、頑張れ!

というわけで、免疫バランスを整えて治す花粉症の画期的な治療法があります。

舌下免疫療法です。

これは花粉アレルギーの原因である杉の液体エキスを何度も口にして、ブレーキ型免疫 t レグの働きを活性化させるもの。

あえて、花粉アレルギーの原因を体に取り込むってことですよ。

普通に毎年花粉を吸い込んで体に取り込んでますけど?そんでもって花粉症になってるけども?

このことから、病院でやんなきゃダメなのが分かりましたね(笑)

花粉症になるのはなぜなのかとか、花粉症を治す方法も、「免疫」が関わっています。

今まで治療不可能だと言われてきたさまざまな病気が、免疫バランスを整えるだけで治る時代になっているのです!

スポンサーリンク

花粉症にはヨーグルトっていうけれど

花粉症にいい食べ物といえば、ヨーグルト。

ヨーグルトといえば、乳酸菌。

ヨーグルトの乳酸菌というと、腸内環境をどうたらこうたら~。

聞いたことありますよね。

腸内環境と、花粉症。

一体どんな関係が?

えっと、花粉症は免疫バランスが大事なんでしたよね。

なんと「腸内の乱れ」が、免疫バランスを崩します。

体の中で一番大切なのは、腸です。

腸には、体中の免疫細胞の60%が集中しています。そのため、1000兆個以上とも言われる腸内細菌と免疫は密接に関わり合い、体中の免疫システムを活性化させています。

しかし、ヘルパー t が暴れまわっていると、腸内細菌はついていけません。

腸内環境が乱れると、免疫システムの機能が低下。ヘルパー t の暴走を招き、慢性的な炎症を起こし、下痢や便秘をひき起こしてしまいます。

「ヘルパーtの暴走」といえば・・・、そう。花粉を有害物質と認識し、鼻の粘膜とかを攻撃する、例のあれ。

花粉症ですよ!

腸内細菌をしっかりさせれば、免疫システムが活性化し、免疫バランスが整う。 ゆえに、ヘルパーtは暴走しない。

アレルギー症状を抑えるには腸内環境を良くしましょう。

ヨーグルトを食べるタイミング

腸内環境を整えるにはヨーグルトが良いという話を聞いて、ヨーグルトを食べるのは良いんですが、いつ食べていますか?

朝食べる人が多いと思います。

ところが、ヨーグルトは「夜」食べるのが良いのです。

ヨーグルトは健康な腸内細菌を作り出す乳酸菌が大量に含まれているため、食べると腸内環境が整えられます。

しかし、免疫力向上のためには、朝食後より夕食後に食べましょう。

なぜなら、人間の体には朝は排泄、昼は消化、夜は吸収というリズムがあるからです。

そのリズムのなかで、腸の働きが一番活発になるのが、夜10時から2時の間。

その時間にヨーグルトを食べれば乳酸菌を吸収しやすいです。

腸内環境はすごく重要です。