ビールが苦手でも克服できるように美味しさやのどごしのヒミツを知ろう

ビールを飲めるようになりたい人へ。

何が美味しくて、みんなビールを飲んでいるのか。

のどごしって言うけど、それって何?

前はビールが苦手だったのに、何で今は飲めるようになったのか。

などなど。

ビールについてご紹介します。

ビールが苦手で克服したいなら美味しさを知ろう

風呂上がりには、ビールが最高ってよく言いますよね。

なぜビールが最高なのか。

それは、ビールの炭酸と苦味に秘密があります。

お風呂やサウナに入って体内の水分が不足すると、脳はのどにあるセンサーでそれを知らせます。のどが渇くのはそのためです。

水を飲むことで、ノドのセンサーが湿ります。するとノドの渇きは落ち着きます。

でも、水以上にこのセンサーを癒すものがあります。

それが、炭酸と苦味です。

ただの水分ではなく、炭酸と苦味を含んだものほど喉の渇きは解消します。

それにうってつけなのが、水分と炭酸と苦味を持ち合わせたビール。

よく考えれば、銭湯の後にコーヒー牛乳というのもよく聞きます。それも、コーヒーという意味では苦味が入ってますね。ただ、炭酸はない。

ということは、お風呂上がりには、やっぱりビールが最高というわけです(笑)

ビールの美味しさでよく言われるのどごしとは

のどごしを辞書で調べると、喉を通る時の感触って出てきます。

ビール好きの人に、どんな感じかと聞くと、炭酸のシュワシュワっとした感触がたまらないらしいです。

それだったら、サイダーとかファンタとかコーラとかでも感じられますよね。

でも、サイダーとかの炭酸のジュースで、あんまり喉越しがどうたらこうたらいいません。

のどごしといえば、ビールなわけですよ。

よく言われるビールののどごしって何なのか。

その正体は、「喉のセンサーの渇きを癒す水分と炭酸と苦味の度合い」と言われています。

水分だけじゃなくて、炭酸、そして苦味。

これがおいしさとのどごしのポイントなんですね。

ビールに枝豆が合う理由

ビールを飲まない人でも知っている、ビールに合うおつまみ。それは枝豆です。

他にも、ポテトフライとか、唐揚げなんかも合います。

しかし、枝豆やポテトフライや唐揚げが、なぜビールのおつまみの定番なのか。

ビールの主成分は麦芽です。

血液の主成分はナトリウムとカリウムです。

ビールを飲んで大量のカリウムを摂取すると、そのバランスが崩れて身体がナトリウムを欲しくなります。

そのナトリウムを手っ取り早く取れるのが塩です。

だからこそビールを飲むと、枝豆やポテトフライや唐揚げといった、塩気が多いものが食べたくなるのです。

ちなみにウイスキーや焼酎は蒸留酒なので、アルコール以外の成分が飛んでしまい、カリウムはほとんど含まれません。

そのため、ビールほど塩気のあるおつまみを欲することはありません。

だからビールと違ってウイスキーだと、チョコレートが合うのです。