自分に似合う服が分からない場合の見つけ方と診断

顔と服があってないとか、地味顔に似合う服はどんなのだろうとか、ファッションが苦手な人は悩みますよね。

顔立ちで、似合うかどうか決まると思っていませんか?

そんなことはありません。

スポンサーリンク

自分に似合う服が分からない

「この服、店で見たら可愛かったのに、着てみたらなんか変。」

「気付いたら、同じ服ばかり買っている。」

こういうことってありますよね。

骨格診断で似合う服が分かります。

骨格診断は、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプがあります。

そのタイプが分かれば、着こなしや素材やデザインなど、似合うものが分かるようになります!

簡単な骨格診断です。

3つの質問に、3つ選択肢があります。

当てはまる番号を選んでください。

上半身と下半身を見てみると、どうでしょうか。

  1. どちらも厚めで立体感がある
  2. 上半身は薄くて下半身は厚みがある
  3. 全体に平面的

次は、鎖骨と肌の質感について。

  1. 鎖骨はほぼ見えずに肌にハリがある
  2. 鎖骨は華奢で肌はやらわかめ
  3. 鎖骨はしっかりとしていて肌はかため

ウエストの位置を見てみてください。

  1. 高め
  2. 低め
  3. 普通

それでは、診断結果です。

自分に似合う服の診断

1番が多かった人は、ストレートタイプ。

このタイプは、体に立体感があるメリハリボディですので、太るとりんご体型になってしまいます。

2番が多かった人は、ウェーブタイプ。

肩周りは華奢ですが、太ると下半身に脂肪がついて洋ナシ体型になってしまいます。

3番が多かった人は、ナチュラルタイプ。

骨感、筋感が目立ち、太ると大柄に見えます。

ちなみに、日本人女性に一番多いタイプはウェーブタイプ。

それでは、それぞれのタイプに似合う服について見ていきましょう。

似合う服の見つけ方

まず、ウェーブタイプについて。

曲線ラインの服が似合います。

また体にフィットした服です。

女性らしいフェミニンなアイテム、例えばフリルブラウスとか、モヘアニットとか、フレアスカートとかが似合います。

これらのアイテムは、華奢な上半身にボリュームを出せるからです。

ウェーブタイプの着こなしポイントは、腰の位置をしっかり見せること。

ニットをスカートにインしましょう。

胴長に見えてしまうチュニックも、腰の辺りにベルト一本をすることで一気にスタイルアップ!

ヘアメイクについて。

ウェーブタイプに似合うのはラメ感のあるメイクと、ふんわりした巻き髪。

ウェーブタイプの人がナチュラルメイクをすると、逆に寂しくなってしまいます。

骨格があまり目立たないので、ばっちりメイクをしても大丈夫なんです。

続いて、ストレートタイプについて。

体が立体的で厚みがあるために、フレアスカートとかボリュームのあるブラウスやニットは、太って見えてしまいます。

その代わり、ストレートのパンツとか、タイトスカートやVネックなどのすっきりしたデザインだと、一気に垢抜けドアップ!

ストレートタイプの人は、着太りしやすいので注意。

いかに着痩せするかが重要なのです。

Vネックは着痩せ効果が高いので、ストレートタイプの人には欠かせないアイテムです。

メイクは、肌のハリを生かしたツヤ感を大切に。

髪型はストレートが似合います。

最後に、ナチュラルタイプについて。

骨の角ばった感じが目立つので、ボリュームがあるものを着た方が垢抜けます。

ボトムに細いものを持ってきてしまうと、肩幅が目立ってしまいます。

肩幅を隠すためにスカートならロング丈で、ボリューム感を出しましょう。

ヘアメイクについて。

ナチュラルタイプは、しっかりとした骨格を活かしたナチュラル感があるメイクを。

髪型は骨っぽさや筋っぽさを隠れるような、アシンメトリーがいいです。

アシンメトリーってどんな髪型?って思いますけど。

例えば髪を左側に全部持ってきて一つにまとめる、みたいなことです。

スポンサーリンク

着たい服がわからないなら似合う服を着ればいい

白のざっくりしたざっくりしたのニットって、ウェーブタイプに似合うのではないかって思いますけど。

肌が柔らかいことが、ウェーブタイプの特徴でした。

ざっくりしたニットは、ごわっとした固めの生地。

なので、ウェーブタイプの肌質には合いません。

服の素材は、肌の柔らかさと似たものを選ぶことが大切!

ストレートタイプなら、ハリを。

ウェーブタイプは柔らかめを。

ナチュラルタイプは固めを。

ウェーブタイプに似合う服装は柔らかい肌と似た触り心地のモヘアのニット。

ウエスト周りも華奢のためプリーツスカートでも着膨れしません。

ストレートタイプは、真っ直ぐなラインのワンピースが似合います。

ストライプなどの、直線が多い柄も似合います。

ナチュラルタイプは、年齢を感じさせる骨感と筋感を隠すのが大事!

ざっくりニットはぴったりなアイテムです。

しっかりした肩幅をカバーするためには、ボトムスをロングスカートにするだけでなく、柄も大柄にして、目線を散らすのがポイント。

まとめ

こんなふうな視点から、似合う服を選ぶのもいいと思いませんか?

体型は普通だったら、太ってるか痩せてるか、身長が低いか高いか、で考えると思います。

それを、上半身と下半身での厚みとか、鎖骨から体型を分けて、似合う服を考えるわけです。

そこに、肌の質感によって、服の素材を合わせていく。

この考え方だと、定番のアイテムから服を選ぶことが出来ます。

センスに頼らなくていいから、ほっとします(笑)

流行を追うと、来年とか再来年は着られなくなることもありますしね。