冬の脱水症状に注意!吐き気で水が飲めない時の対処法

ノロウイルスとかインフルエンザとか感染症が流行るのが冬です。

感染症の大きな問題が脱水なのです。

熱を出せば汗をかきますし、吐いたりする場合もあります。

スポンサーリンク

かくれ脱水のチェック

熱は体温計を使えばわかりますが、脱水がどの程度進んでいるのかということは分かりません。

脱水計なんて無いので(・・;)

実は、体のある部分に、体調を示すメッセージが隠されています。

それが爪!

爪を見ることで、身体の中の水分が少なくなっているのかどうか、判断できます。

まず、手の爪を指で押さえてみてください。

すると、白くなりますよね。

指をパッと離すとどうでしょう。

元のピンク色に戻りましたね。

普通は、爪を抑えている指を離した瞬間、すぐピンクになります。

もし、白からピンクに変わる時間が3秒以上だった場合は要注意!

脱水が進んでいる可能性があります。

なぜそんなことで体の中の水分の状態が分かるのでしょうか。

爪の内側には無数の毛細血管があります。

脱水を起こすと、血液の粘り気が増加。

その結果、毛細血管に血が戻るスピードが遅くなります。

脱水を見極めるポイントには他にもあります。

熱があるのに汗をかいていないとか、口の中が乾燥しているなどです。

スポンサーリンク

冬の水分補給の飲み物

脱水対策は、やっぱり水をいっぱい飲むことです。

しかし、飲むなら塩分と糖分を含む経口補水液がいいです。

熱中症対策として、経口補水液っていいってよく聞くきますよね。

だけど、経口補水液って、美味しい飲み物じゃないです。

実は、それって健康な証拠なんです!

経口補水液が美味しいと感じるのは、体が必要としているから。

つまり、脱水が起きている時は、経口補水液が美味しいのです。

経口補水液が美味しいと感じるのも、脱水の一つの指標。

吐き気で水が飲めない

脱水症状で頭痛が起こる場合があります。

風邪の症状の1つとして頭が痛いのかなって思って、そのまま安静にしていると、大変なことになるかもしれません。

体の中の水分が少なくなると、血液が脳まで運ばれにくくなります。

それで頭痛が起きてしまうのです。

水を飲んでも吐いてしまう時は、無理に飲もうとしないこと。

水を飲むことで、余計に吐いてしまいます。

吐くということは、水分を吐き出しているってことなので、さらに脱水が進んでしまいます。

どうすればいいのかというと、飴をなめます。

口が乾いたら、口の中を湿らす程度のわずかな量の経口補水液を口に含みます。

そうしているうちに、吐き気が治まってきます。

それから、ほんの少し経口補水液を飲みます。

ここから徐々に、水分補給をしていきましょう。

再び吐き気が出てこないように、ゆっくり、時間をかけて、ちびちび飲んでいってください。

大事なことは、無理して水を飲もうとしないこと!

水を飲んだがために、脱水になる危険がありますので。