空気の乾燥対策と乾燥注意報は何に対しての注意喚起なのか

冬になると空気が乾燥します。

空気が乾燥すると、静電気が起きやすくなりますし、肌もカラカラになってしまいます(^o^;)

部屋の空気を乾燥させないための対策について。

スポンサーリンク

部屋の空気の乾燥対策

部屋の空気が乾燥すると、体に良くありません。

目が乾きやすくなりますし、喉がイガイガしてきます。

  • 濡れたタオルを干す
  • 床を水拭きする
  • 暖房はエアコンでなくガスファンヒーターを使う
  • 観葉植物を置く

あとは、加湿器を使う方法もあります。

加湿器を使う時は、湿度を上げすぎないようにしてください。

カビが生えやすくなってしまいますので。

乾燥注意報の基準

天気予報を見ていると、冬の時期は、乾燥注意報というのが出てきます。

乾燥に注意しろってことは、なんとなく分かりますけども。

乾燥注意報ってなんなのでしょうか。

まず、乾燥注意報が発表されるには、もちろん基準があります。

どういう基準なのかご存知でしょうか。

2つ基準があります。

最小湿度と実効湿度です。

ただの湿度ではないんです。

湿度には「最小湿度」と「実効湿度」という2つの種類があったのです。

まず、最小湿度。

これは字を見て、予想できますよね。

湿度が一番下がった時の数値のことです。

実効湿度って聞いたことありませんよね。

実効湿度とは何なのでしょうか。

当日(今日)から遡って計算する数日間の平均湿度のようなものです。

ですから少し期間の持った湿度のことです。

今日だけじゃないということ。

それから木材の乾燥具合も表します。

例えば、昨日雨が降ったとします。

そして今日、極端に乾燥した場合。

最小湿度はガクッと下がります。

けど実効湿度が下がりません。

だから、乾燥注意報は出ないということ。

火災予防に役立ちます。

スポンサーリンク

乾燥注意報の意味

乾燥注意報は何に対しての注意喚起なのでしょうか?

小さな火でも火災になってしまう可能性があるので、注意しましょうってことです。

空気が乾燥すると、静電気が発生しやすくなります。

ストーブに灯油を補充する時、または車にガソリンを入れる時は、静電気を除去してからするようにしてください。

乾燥した空気がブワ~っと強めに吹いていると、火の回りが早くて大惨事になりまけません。

乾燥注意報が出ている時は、気をつけましょう。