洗顔後につっぱらないようにする方法と保湿してもつっぱる理由

汗かいたときとか、気軽に顔が洗えませんでした。

顔がつっぱるのがつらくて。

化粧水とか乳液を持ち歩いてないから、つっぱってもどうしようもない。

でも、今は大丈夫!

スポンサーリンク

洗顔後につっぱらないためには

当たり前のことながら、健康な肌はつっまりません。

洗顔後に肌がつっぱる理由は、化粧品などによって肌のバリアが壊れているから。

あと、極端に乾燥している肌は、洗顔後につっぱってしまいます。

極度に乾燥してしまうのは、肌のバリアが壊れているから。

つまり、洗顔後につっぱらないためには、肌のバリアを復活させることが大事。

肌のバリアがあれば、洗顔後、つっぱりません。

つっぱらない人は、健康な肌の持ち主。

つっぱる人は、肌がやばい。

そんで、こういう洗顔料ならつっぱりませんよ~とか、保湿にはこういう化粧水がおすすめですよ~とか話になりそうですが、なりません(笑)

だって、そういうものが乾燥肌の原因になる場合があるからです。

保湿してもつっぱる!

極端な肌の乾燥が、つっぱることの原因だと思って、せっせと化粧水やらで保湿している人も多いでしょう。

けれど、保湿のために使っているその化粧水が、乾燥の原因だったとしたら・・・?

そんなバカな!って話ですけど。

化粧水っていろいろありますよね。

ヒアルロン酸が入ってますよ~。これは、お肌にいいですよ~とか。

コラーゲンが入ってますよ~。これでお肌プルプルですよ~とか。

実は、ヒアルロン酸とかコラーゲンって、ベビーパウダーよりも分子量が大きいんです。

ベビーパウダーって粉ですけど、それより分子量が大きいということは、粉というよりは、粒。

その粒を水分に溶かしたようなものが、コラーゲンとかヒアルロン酸なわけです。

で、ラーゲンとかヒアルロン酸配合の化粧水を肌につけると、水分はやがて蒸発しますよね。

でも、水分以外は肌の上に残ります。

肌の上に残ったものが、肌をまた乾燥させることになるんです。

保湿してもつっぱるわ~って人は、肌を乾燥させることをやっちゃってるわけです。

スポンサーリンク

顔が1日中つっぱる場合

昼間は、化粧品で肌のバリアを壊して肌を乾燥。

夜は、保湿で肌を乾燥。

乾燥&乾燥。

極度の乾燥肌のできあがり。

極度の乾燥肌だから、つっぱる。

じゃあ、どうすんのってことですが。

肌のバリアを回復させること。

それと、肌を乾燥させるようなことをやめる。

それが必要です。

健康な肌は、つっぱらないんですから。

つっぱらない洗顔料を探しも意味ないってこと。

だって、自分の肌がつっぱる原因なのだから。

肌を放っておいて、洗顔料を変えたところで・・・。

何を使えばいいのか。

ついつい、頼りたくなるのは分かります。

だけど、もう私はそれを持っています。

買わなくても、ある。

いや、逆に、どこにも売ってない。

何を使えばいいのかというと、それは・・・自分の体の機能です!

風邪をひいたら、体を安静にしていたら治りますよね。

それと同じです。

肌を安静にすれば、肌が健康になっていきます。

肌を安静にする方法とは!?

なんとなく、想像つきますね。

乾燥させてしまうような化粧品やら保湿剤を使わないことです。

化粧品が肌に悪いのは防腐剤のせいで○○が変な名前の気持ち悪いものだらけになるから
化粧品の成分がどうたらこうたらっていう話とは違う角度から。 これを知ってしまったら、防腐剤が入った化粧品を肌につけるのが怖くなるかもし...