スズメバチが寄ってくる匂いや色と逃げ方について

スズメバチには仲間呼ぶ方法があります。

それは匂いと関係が!

スズメバチから身を守るために、知っておくべきことについてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズメバチが仲間呼ぶ方法とか寄ってくる匂い

毒液の中には警報フェロモンが含まれています。

このニオイの刺激が、巣の中にいる仲間達に伝達されて、一斉の攻撃開始となります。

スズメバチは、敵に毒を掛けることで、仲間に合図していたのです。

毒自体で攻撃をしつつ、その毒液で仲間を呼び寄せる。

無駄のない攻撃ですね~(・・;)

刺されて毒を体内に入れられるとやばいですけど、毒を掛けられてもやばい。

スズメバチの噴射した液体が体についてしまった人は、ターゲットとなり、攻撃を受けることになるわけです。

この、スズメバチの毒のニオイと、同じ成分が入っていて、ハチを引き寄せてしまうものが、身近にあります。

なんだと思いますか?

それは、オレンジジュース。

警報フェロモンの主な成分に、2-ペンタノールというものがあります。

オレンジジュースのニオイの成分表を見てみると、なんと、2-ペンタノールが!

これは、果物のニオイ成分の1つ。

オレンジジュース以外にも、果物全般に含まれているので、要注意!

柑橘系の香水にも寄ってきます。

例えば、ジュースの空き缶。

中身が入ったまま放置していると、自然と発酵してしまって、その結果スズメバチをおびき寄せてしまうことに。

果物のニオイに警報フェロモンと同じ成分が含まれているので、気をつけましょう。

蜂が寄ってこない色と白い服について

ハチがおそうのは黒い物。

白いものだと大丈夫。

そんな話しを聞いたことはありませんか?

日中、明るいところでは、黒いものに攻撃をします。

白いものと黒いものを並べて比べてみたら、黒いものの方にスズメバチは攻撃をしていました。

ところが、日が暮れ、周囲が暗くなると、変化が!

夜になると、白いものを攻撃するようになったのです。

スズメバチは、色で判断しているわけではありません。

コントラストです。

明るいところでは、黒が目立ちます。

逆に、暗いところでは、白の方が目立ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズメバチからの逃げ方

運悪く、スズメバチに遭遇してしまった場合の対処法。

まず、手で頭を覆います。

黒を隠しているわけです。

それから身を低くします。

そのまま低姿勢で後ずさり。

この時、スズメバチのことを見ないでください。

なぜなら、目が黒いので狙われてしまう可能性があるので。

後ずさりで、スズメバチから距離を取っていくんですが、注意点としては静かに動くこと。

怖いから、さっさと逃げ出したい気持ちはわかります。

しかし、素早い動きは危険!

スズメバチが反応してしまいます。

そっと、後ずさりして、スズメバチから5メートル離れれば、ひとまず安心です。

スズメバチが興奮している時は、まだスズメバチは襲う気がありません。

襲う気がないところで、こっちが素早く動いてしまうと、警戒したスズメバチの攻撃が始まってしまいます。

刺激しないように、落ち着いて、ゆっくり距離を取るようにしましょう。

スズメバチに刺されたらするべき応急処置とアナフィラキシーショックが起こりやすい○○な人について
スズメバチに刺された時にはどんな応急処置をすればいいのでしょうか。 また、ある体質の人は、アナフィラキシーショックに気をつけなければいけません。 詳しく見ていきましょう。 スズメバチに刺されたらすぐに応急処置をしよう 万が一...