寒暖差アレルギーの症状や気温差でめまいがする理由と冷える朝に注意すべきこと

エアコンを使用していて、外との気温差が激しくなる時や、エアコンを使っていなくても、その時の季節や気候によって、日中は暑いのに、朝晩は冷え込む時もあります。

そんな気温差が、鼻水とか、めまいとか、しびれなどもそうですけど、くも膜下出血や脳梗塞を引き起こす危険がある。

気温の差によって起きる、体の不調をまとめました。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーの症状について

熱がないのに鼻水が止まらない。

風邪をひいたわけでもなさそう。

それは急激な寒暖差が引き起こす、寒暖差アレルギーの可能性があります。

血管運動性鼻炎ともいいます。

暖房のきいた部屋から、いきなり寒い外に出ると、鼻の粘膜が冷気にさらされ、血管が急激に収縮。

冷えた体を温めようと、体温が上がり、血管を拡張します。

寒い屋外と、暖かい屋内の出入りを繰り返すことで、粘膜が猛烈に刺激され、鼻水やくしゃみが止まらなくなるのです。

寒暖差アレルギーの場合は鼻水は無色透明で、目のかゆみはありません。

花粉症だったら、鼻水に色がついていますし、同時に目のかゆみがあります。

この寒暖差アレルギーは、最近、患者数が増加しています。

その大きな原因は、「快適すぎる環境」です。

冷暖房、気密性の高い鉄筋コンクリートの建物。

常に快適な環境にいることに慣れてしまった私たちは、暑くても汗がかけなかったり、寒くても体温が上がらなかったり、天候に左右されやすい体になっています。

気温差でめまいがする

昼はあんなに暖かかったのに、夜は冷えるっていう日がありますよね。

天気予報を見て、最低気温と最高気温の差が10℃以上の場合は要注意。

昼間、暑さを感じた体は、血管を広げて、熱を放出しようとします。

で、暑さに体が慣れた夕方頃から、気温がグッと下がり始めたら?

寒さを感じた血管は、熱を閉じ込めるため、血管を収縮。

さらに短時間に気温が低下したせいで、血液はドロドロに。

やがて血管が詰まりだし、しびれやめまいが起こることがあります!

放っておくと、脳梗塞に。

気温差が10℃以上ある日は、たとえ家を出た時が暖かくても、羽織れるものが必須。

あと、水分補給をしっかりすること。

1日の気温差が激しい季節の変わり目は、注意しましょう。

スポンサーリンク

冷える朝に注意すべきこと

冷える朝は、注意しないと脳を保護する薄い膜である「くも膜」の下で出血する可能性が。

くも膜下出血は、血圧の高い高齢者が発症しやすいと思われてます。

しかし、寒い朝に水仕事をすると、若い人でも発症することがあるんです。

朝は、体を動かすため、交感神経が活発に働いています。

この時、気温が低いと、血液を送り、体を温めようと血圧が急上昇。

そんな時に、水仕事で冷たい水に触れるとどうなると思いますか?

冷えた手を温めるために、血圧はさらに上がります。

やがて脳内の細い血管が切れて、くも膜下出血を引き起こすのです。

たかが、手を冷やしただけで?

まさか~。

軽く考えてしまいますけど、あなどってはいけません。

4℃の冷水に1分間手をつけて、血圧の変化を計測してみたところ、なんと全身の血圧が50も上昇したのです!

冷水に手をつけたのは、1分間ですよ。

その1分で、血圧が50も上がるってこわい!

そんな短時間に、一気に血圧が上がったら、体に良いわけありません。

寒い朝に冷たい水で作業しなければならない時は、必ずゴム手袋をつけること!

気温差は思っている以上に体に影響を与えるんですね。

健康に暮らすためにも、注意しましょう。