生乾きの臭いを消す方法と部屋干しでの洗剤の違いについて

洗い直しても取れない、しつこい生乾きの臭いを取る方法!

デニムとか、厚めの生地が使われている服だと生乾き臭が心配になります。

正しい洗剤の使い方をすれば、嫌な部屋干しの臭いをつかなくすることができるのです!

生乾きの臭いを消す方法

部屋干しをして、洗濯物に生乾きの臭いがある時。

もう一度洗濯し直すことが1番ですけど、そうもいかなくて、ファブリーズをシュッシユッ。

それで臭いが取れたらいいんです。

取れなかった場合、やっぱり洗い直しが必要。

そしてそれをまた、部屋干しをしなければならないなら、再び生乾きの臭いがついてしまうかも。

永遠に繰り返すのだろうかΣ(・∀・;)

そうならないためにも、臭いの原因である雑菌を何とかしましょう。

洗剤は「ワイドハイター EXパワー」を使って洗濯します。

  1. 洗濯機にぬるま湯を入れる
  2. 水1Lに10mlの分量でワイドハイター EXパワーを入れる
  3. ぬるま湯と洗剤(ワイドハイター EXパワー)をまぜる
  4. 洗濯物を投入し、沈めて、漬け込む
  5. 30分放置
  6. 洗濯機で「すすぎ」「脱水」をする

その後は、干せばOK 。

部屋干しの臭いをつけないコツと洗濯物を早く乾かす方法
部屋干しでも、イヤなニオイをさせなくて済む! 洗濯物を外に干せなかった時の、服についた独特のあの生乾きの臭い。 これでもうおさら...

部屋干しでの洗剤の違い

普通に洗濯をする時と、部屋干しの臭いを除去したい時とでは、同じ洗剤を使っていても、使い方が変わってきます。

むしろ変えないと、意味がありません。

「用途・使い方・使用量の目安」を見ます。

すると、「毎回のお洗たくに」とか「落ちにくい汚れの漂白に」とか「衣料の除菌に」とか書いてあります。

洗剤の使用量を見比べてみますと違いが分かります。

  • 「毎回のお洗たくに」→水30Lに20ml
  • 「衣料の除菌に」→水1Lに10ml

全然違いますね。

衣類の除菌をしたい時は、毎回の洗濯に使う時より、洗剤の量が多い=濃い、わけです。

つまり、毎回の洗濯に使う時の洗剤の量では薄まりすぎていて、衣類の除菌の効果が下がる。

実際に洗剤の「毎回のお洗たくに」を見てみると注意書きが。

抗菌性を発揮するのは「繰り返し洗たくすることで」って書いてあるのです。1回でドンっていうんじゃありません。

しかも「毎回のお洗たくに」は「洗濯用洗剤と一緒に」と書かれてありますが、「衣料の除菌に」の場合は、「本品だけを」溶かせって書いています。

効果を発揮するために大事なのは、洗剤の用途・使い方・使用量をきっちり守ること。

こういう違いを見ると、改めて感じます。

まとめ

まだ生乾きの臭いがない時の洗濯物は、「毎回のお洗たくに」の洗い方で大丈夫。

でもすでに生乾きの臭いがしていて、生乾き臭を消す場合は「衣料の除菌に」の洗い方をしなければなりません。

なぜなら、生乾き臭は、雑菌の繁殖によって起こっているから。

要するに部屋干しの独特の匂いがついた服は、雑菌がウジャウジャしてるってことですね。

ひょえ~。