小間切れ肉と切り落としの違いと部位について

スーパーの肉売り場で物色していると、安い価格に目がいきます。

肉のパックを手に取って、ラベルを見ると、小間切れって書いてある。

小間切れ・・・何のことなんでしょうか。

スポンサーリンク

小間切れ肉とは

ステーキ用の肉とか、しゃぶしゃぶ用の肉とか、いろんな切り方をしたものがあります。

小間切れ・・・こまかく切ったもの?

それはミンチですね(笑)

小間切れとは何なのか。

ズバリ、肉の切れ端のこと!

肉を切り分けていくと、中途半端にあまってしまう部分が出てきます。

それを細かく切って、パックして売ってるわけです。

あまった肉の寄せ集めですから、安いんですね。

切り落とし肉とは

切り落としと小間切れって、おんなじことなのかなと思いますけど、ちょっと違いがあります。

切り落としの場合は、部位が決まってます。

部位が単一だから、料理に使いやすいですね。

しかも、切り落としとして売られている肉は、安いです。

牛肉だったら、例えば「牛切り落とし(モモ)」とか。

ラベルに「切り落とし」と書いてあって、部位も書いてあるってこと。

大きさが揃っていて美しく並べてパック詰めされたロース肉は高い!

だけど、切り落とし(ロース)だったら!!(*^_^*)

助かりますね(笑)

豚こま切れ肉の部位について

小間切れの場合「豚小間切れ」って書いてあるだけ。

部位は書いてません。

つまり、小間切れとして売られている肉の部位は、ごちゃまぜ。

肉の厚みとか大きさもバラバラ。

だから、小間切れとしてパックに入っている肉を1つ1つ見ていくと、厚みがあるものだったり、小さいもの、大きいもの、いろいろ入ってます。

それぞれ大きさも違うし、部位も違うので、料理に使う時、火の通りやすさとか仕上がった時の肉の硬さとかも変わってきます。

そういうことに注意して、選ばないといけませんね。

前に買った豚小間切れ肉が薄切りだったからって、次買う時もそうだとは限らない。

ちなみに、私がよく行くスーパーの豚小間切れは厚みがあります。

小間切れって、薄く細かくした肉のことだと思ってたので。

部位も厚さも問わず、あまった肉の切れ端を切って寄せ集めたもの。

これですっきりしました(笑)

スポンサーリンク

豚こま肉を柔らかくする方法

豚の小間切れ肉を料理すると、固くなってしまう。

柔らかくする方法も、漬け込むとか時間のかかることはしたくない。

そこで!

誰でもできる、めちゃくちゃ簡単な方法があります!

「片栗粉を肉につける!」

たったそれだけ。

片栗粉が水を吸ったり油を吸ったりしてプルプルになりますね。

パッサパサな肉の周りにプルプル片栗粉がまとわりついているおかげで、食感が良くなります。

そして片栗粉がガードしてくれてるので、肉から水分とかうまみとかが流れ出ずに済みます。

豚こまを調理する時には、片栗粉をまぶしてからにしましょう!