雨になると関節が痛くなる天気痛の原因と対策について

雨が降ることが事前にわかる。天気予報よりも正確だ!

えっへん( ̄^ ̄)

自虐でこんなことを言った日がある人。

雨の日をわからなくなりましょうよ!(笑)

スポンサーリンク

雨で関節が痛くなる人について

雨の日に体が痛くなってしまう人は、ある共通点があります。

  • 水分代謝が悪い(むくみやすい)
  • スイーツなど甘いものが好きでよく食べている
  • 運動不足で汗をかく機会が少ない

このような生活に心当たりのある人は、梅雨など湿気が多い時期に調子が悪くなりやすいです。

雨の日に体が痛くなるのは、ざっくり言えば「血流が悪い」ことが原因です。

体が冷えてしまっていると血管は収縮してしまいます。

血管が縮こまるわけですから、血液が流れにくくなりますよね。

でも、血液が流れないと、酸素が体に行き渡らないので生命が維持できません。

だから体は、なんとか血液を体中に行き渡らせようと、血管を拡張させます。

体が頑張って血管を拡張させようとする。だから痛みが生じるのです。

天気痛の対策

体が冷えていると血管が収縮してしまう。それを何とかしようとして血管を拡張させるから痛い。だったら、体を温めればいいのです。

夏に冷える原因と冷え性対策!お尻や太ももや足の冷えとり
夏に下半身が冷えた時に、靴下履いたりしても、いまいち効果がない。 なぜならそれは、温めるべき場所が間違ってるから! 暑いんだけど...

体が温まっていると、血管は収縮せず、血流がいいわけですから。

そうすれば、痛みを生じることはありません。

そのためには、毎日お風呂に入って湯船につかりましょう。

雨の日になるとどこの関節が痛みますか?

晴れの日は痛くないと思うので、痛くない時に関節周りの筋肉を鍛えておきましょう。

日頃から体温が高くて血流が良くなっていれば、雨の日になっても血管をがんばって広げる必要はなくなり、関節が痛むことがなくなりますよ。

雨の日に関節が痛くなる天気痛の原因

気圧が変動するからです。

気圧は自律神経系にも影響します。

気圧が低くなると、交感神経が興奮します。

関節に怪我を負っていた場合。

ちゃんと治っていなくて、まだ炎症が残っていたりすると、その関節は気圧の微妙な変化でも影響を受けてしまいます。

そうすると、古傷などに痛みが出てくる、というわけです。

健康であれば気圧の変化があったって痛みは出ません。

スポンサーリンク

まとめ

膝が痛み出した!?

そういえば雨になると足が痛いかも・・・。

関節だけじゃない。なんか雨の日はふくらはぎも痛い。

足首が痛い。

痛いところがいっぱい出てくる!だから梅雨が嫌で嫌で。

ずっと前にムチウチは治ったはずなのに、どうして雨になると痛いの!?

関節部分にセンサーでもついているかのように、雨の日を察知する(笑)

関節に注目しちゃってましたけど、違った。問題は血流にありました。

体温が低いと免疫力が下がるとかよくいいます。

それだけじゃないんですね。

こんなふうに、雨の日に関節を痛くさせてしまうなんて。

体温を上げるっていうのは、とても大事なんだと再認識しました。

冷えと関節痛について20代でも寒くなると膝が痛くなる原因と膝にいい食べ物
しゃがむと膝が痛いとか階段がつらい20代の人が多いです。 若いのに膝が痛い原因とはなんなのでしょうか? また、痛みから解放される...