寝ても疲れが取れない原因とどうすればいいのか改善する方法について

すっきりとさわやかに目覚められていますか?

寝付きが悪いってこと、ないですか?

眠りは、浅くないですか?

スポンサーリンク

寝ても疲れが取れない原因について

寝ても疲れが取れない時。

熟睡できてますか?

これは血管に原因があります。

血管はタバコや筋力の低下、気温などの状況により、細く収縮してしまいます。

通常、人は体温が下がった時に眠くなります。

体温を下げるには、体の中の熱を外に出さなければなりません。

その役割を担っているのが手足の血管です。

手足の先の血管に血液が送られてくると、そこから外気に触れ、体の外に熱を逃がします。

しかし、手足の血管が細くなると、そこまで血液が回らず熱を外に出すことができません。

そのため、体温が下がらずなかなか眠りにつけない状態になってしまいます。

それでも明日のことを思うと早く寝たいですから、頑張って、寝ようとする。それで疲れてしまう。

しかも熟睡できず、疲れが取れないってことになるのです。

体温が下がらないけれど、手足は血液が来ないため、冷えたまま。

これは、冷え性の原因でもあります。

寝ても疲れが取れない時の対策

熟睡できるように、血管に働きかけましょう。

炭酸ガスが有効です。

肩こり解消法として、体を温める方法を取り上げました。

肩こりがひどい時の解消法と温めグッズ
肩こりを撃退するには「揉まないマッサージ」と「炭酸水」がポイント。 あと、腕時計は右手にすること。 さて一体どういうことなのでし...

この方法は、血管を拡張させて、血流を良くして体を温めるんです。

そう、「血管」がポイントなのです!

これは、寝ても疲れが取れない時にも使えるってことですヾ(@^∇^@)ノ

他の予防策としては、寝る前に、血管を広げる運動しておくと良いです。

スクワットで膝を曲げながら、手と腕を胸辺りに持っていきます。

それから、足を伸ばして手を広げます。

簡単に言うと、縮こまってから、バッと手足を広げるってことですね。

その運動を繰り返します。

スポンサーリンク

まとめ

朝、目が覚めて、体がズシーンと重い時。

なんか、寝たのに、寝てないみたいな感覚が・・・。

体を回復させるには、睡眠が大事ってよく聞くし。

ぐっすり眠れてないからかな?

ぐっすり眠れていないんだとしたら、なんでだろう?

ストレスなどの精神的なものが原因だと考えますけど、そうじゃない場合もあったのです。

血管の状態が、そんなにまで健康に影響するものなの?

そんなふうに驚きますけど、若いのに物忘れしたりするのも、血管に原因があるんですよ。

この事実を知ると、意識が変わってきますよね。

風邪とか病気では無いんだけど、なんとなく体がダルくてしんどい。

血管が弱っているのかも!?

血管が体調に影響することを知っていれば、血管方面からの解決策を取れるってわけです!

なんでしんどいのか分からない(T_T)って途方に暮れずに済みます♪