ストレートネックが原因で起きる頭痛の治し方や改善方法について

心当たりがない体の不調。

  • いつまでも治らない頭痛
  • めまい
  • なぜか腕がしびれる
  • 腰痛になってしまった

これらは、さまざまな理由が考えられます。

その1つであるストレートネックが原因で起きる頭痛の治し方や改善方法についてです。

スポンサーリンク

ストレートネックでなぜ頭痛やめまいの症状が起きるのか

体が絶妙なバランスを取ってくれるから、立ったり座ったりできるわけです。

頭を傾けたら、足を踏み出したり、片方の肩を下げたりして、バランスを取りますね。そうじゃないとバタっと倒れてしまいますから。

首が、ストレートネックといわれる状態になると、普通だったら、肩こりだけで済むんです。

ところが、肩こりだけで終わらない。

それは、なんとかしようとする体の働きのせい。

ストレートネックで崩れたバランスを取るために、背骨とか腰の骨とかも配列が変わってきます。

その影響で、ストレートネックになること で起こる症状は単純に肩こりだけにとどまらなくなります。

骨と骨との間の椎間板が後ろに飛び出て 腕とか肩とか頭の神経に触れると 腕が痺れてきたりめまいがしたり 頭痛が起こったり。

背骨全体が変形してしまい、元に戻らなくなってしまうこともあります。

ストレートネックになる原因

若い女性に圧倒的に多いストレートネックなのですが、その原因は

「スマホなどの小さい画面をじっと見ているから」

です。

一点をじっと見つめていることで、 頭を動かしたらダメだって脳とか体が思ってしまって、首が固まってしまうのです。

それで、首の骨の並びがまっすぐになってしまいます。

つまり、痛いのは首でも、原因は目!

目玉を動かさずに長時間、一点を見つめてしまうことにあったのです。

ストレートネック改善に効く運動法

ストレートネックになる原因は、目玉を動かさないこと。

だったら、ストレートネックの改善法は、その逆を。

目を動かすのが効果的ってことです。

ストレートネック改善に効く運動のやり方は簡単。

人差し指を立てて、腕を前に伸ばします。

この腕を、右に動かします。

人差し指が右に動いたのを眼球だけを動かして、目で追ってください。

今度は左に腕を移動させ、眼球だけを動かして、同じように見つめます。

次は上、その次は下へ。

左と右、上と下、それぞれ眼球を動かす運動をしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

長時間キーボードを打つことで、手首の使いすぎが原因で肘が痛くなる。

肘が痛いのが外側でなかなか治らない場合は〇〇が原因!?
肘の外側が痛くて、なかなか治らない場合。 肘が直接どうこうなってるわけじゃなくて、原因が〇〇の可能性があります。 だから肘を気に...

今回も、スマホを見続けて、目を動かさないことが原因でストレートネックになり、頭痛や腕のしびれや腰痛になる。

どちらも、原因が痛みを感じるところにはないわけです。

肘が痛いのに、原因は手首。

腰や頭が痛いのに、原因は目。

そして、どちらも「長時間」スマホとかパソコンとかをやってるから。

ついつい熱中してパソコンとかスマホをやっちゃいます。

適度に休憩を取り、体を動かしたりして、体勢を変えることって大事ですね。