夏フェスの服装は女性ならコレってやつと生理について

夏フェスへ行くことを「参戦」と言いますが、まさにそれ!

夏フェスをなめてはいませんか?

参戦予定の日と、月のものが重なるかもしれない。

そんな人は、決断を迫られるのであります!

戦じゃ~!!

三(  ̄0 ̄)/ ガオーッ!!

スポンサーリンク

夏フェスでの服装「女性編」

おしゃれな女性が夏フェスに行く時、どんな格好で現れると思いますか?

信じられないことに、ひらひらのスカートを履いて足元はサンダル。強者だと、ヒールですからね!

どこにお出かけですか?リゾートですか?みたいな。

いやいやいや!

これから参戦するわけですよ?

夏フェスですよ!?

「ファッションを楽しむなら、他でやってください。」って感じです。

夏フェスの服装は、結局男性でも女性でも同じです。

Tシャツ、そして伸縮性(ストレッチ)のあるズボン、スニーカー。

これですよ!

これが、夏フェスに参戦する戦士たちの格好です。

半袖の t シャツ、ショートパンツでもいいかもしれないけれど、日焼けが心配。

となると、日焼け対策としては、長袖長ズボン。暑さで大変ですけどね。

つまり夏フェスの服装は、おしゃれなんて気にしていられないってことです。

この日のために、新しい服を用意するのは間違い。

むしろ、着倒して体に馴染みまくっているズボン、履き慣れたスニーカーが一番。

なんてったって、ライブ観戦は体力勝負ですから。

だ♪け♪ど。(笑)

Tシャツはね、おしゃれできますね。

あふれるファッションセンスと個性はTシャツで出しちゃってください(笑)

夏フェスでの生理対策

日頃の自分の生理の重さがどうなのか。生理何日目なのか。

そこが重要となります。

自分の体調と相談です。

それでも参戦するならば、心構えが必要。

  • トイレに何度も行く覚悟
  • 汗で不快になることへの覚悟
  • 新品のナプキンはジップロックへ(雨対策)
  • 貧血や脱水の注意

もう一度言いますが、日頃の自分の生理の重さがどうなのかってことです。

生理痛が軽い人とか、終わりかけならば、そんなに心配ないですね。

スポンサーリンク

夏フェス当日、生理だったら

生理で量が多い日だったとしたら・・・

当然のことながら、トイレに何度も行かなくてはいけません。

夏フェス会場のトイレは、場所が遠かったり、行列が出来ていたり、汚れていたりします。

それに耐えられますか?

普通だったら、なるべくトイレに行きたくないですよね。でも生理中なら行かないわけには・・・。

遠くても、汚くても、並んでも、頻繁にトイレに行く。その覚悟が必要です。

また、夏フェスは熱気でムンムンしています。

体は汗でベタベタ。

それに、雨が降ることもあります。

そうすると、ナプキンが汗とか雨とかも吸って、それはもう・・・( ̄  ̄;) うーん

雨が降ってきた時に、取替え用のナプキンをジップロックに入れてなかったとしたら、大変なことになるかもしれません。

それに、野外で開催される夏フェスは、35度を超える暑さになることもしばしば。

ふらふらするのは熱中症なのか、生理で貧血気味なのか、どっちなのかわからない。とにかく、立っていられない~。

そんな心配もあります。

日頃の生理が重い人は、無理しないでくださいね。