顔汗を止める方法とこれ以上かかないように汗かきを治すために出来ること

次々出てくる顔の汗を止めるために、今すぐできる方法がありました。

滴り落ちる汗に焦っている場合では無いのです。

「汗(あせ)に焦(あせ)って 」とか書いて、さらに汗をかいちゃったりなんかしちゃったりして。

うまいこと言いたい。あ~、うまいこと言いたい。

顔汗を止める方法

少し体を動かしただけで、もしくは特に動いてもないのに汗が出てくる。

背中とか腕とか足とか、体に汗をかくぶんには服で隠れるからいいんですけど、顔に汗をかいたままは恥ずかしい。

拭いても拭いても出てくる。

顔だと目立って仕方がない。いやですよね。

顔から汗が出そうだなという時や、汗をすーっと引かせる方法。

清涼感のある顔拭きのシートを使います。

  • 前髪の生え際あたり
  • うなじ
  • 顎のところから鎖骨付近まで

この3ヶ所を拭きます。

顔の汗が落ち着いていきますよ。

シートは、男性用を使うと清涼感が強いので効果がありました。ギャッツビーがいいです。

顔に汗をかかないための簡単な方法

さっきのは顔に汗をかいてしまってからの方法でした。次はかかないようにする方法を。

化粧をしていると顔に汗をかきたくないですよね。化粧が崩れるし、大量の汗だと化粧が取れてしまいますから。

アイメイクをバッチリしてる時なんかは、目の周りに汗をかいたら困ります。

あと特に嫌なのが、鼻の頭とか鼻の下から汗が出てしまうこと。

化粧が取れるとかじゃなくて、鼻に汗をかいている様子がすごく恥ずかしい。見られたくありません。

女優さんは顔に汗をかかないって話を聞いたことがあります。プロの気合いで?それとも、生まれもっての天から授かった体質で?

そんな風に思っていましたが、実はそうじゃなかった。

「胸の上部を圧迫する」という方法があったのです。

帯とか紐とかを使い、脇の下と胸元と肩甲骨の辺りをぐるりと1周させ、キュッと絞めます。

胸元を圧迫することで、顔からの発汗を抑えられます。

これは、役者の方たちだけじゃなく、白塗りの舞妓さんも昔から行っている方法です。

「舞妓の高帯」と呼ばれています。

汗かきを治す方法

汗っかきだから、顔の汗も多くなる、という人は汗の量を減らしたいですよね。汗の量が減れば、必然的に顔から出る汗も少なくなるということです。

汗かきを治すためには、汗腺を鍛えること。

汗腺を鍛えることで、少し体を動かしたくらいじゃ汗をかかなくなってきます。

それから、汗かきでは無いけれど顔からの汗がすごいという人。その人にとっても、汗腺を鍛える事は有効です。

なぜなら下半身の汗腺は休眠しやすいから。

下半身の汗腺が休んだ分、上半身から汗が出るというわけです。

下半身の汗腺を叩き起こしましょう!

詳しい事はこちらをご覧ください。

まとめ

顔に汗をかかないようにする対策は「胸の上部の圧迫」

顔に汗をかいた時の汗を止める方法は「清涼感のあるシートで3カ所を拭く」

日ごろから行っておけばいい対策は「汗腺を鍛える」

これが顔汗の対策です。