泥汚れが落ちない時の洗濯機とある道具を使った落とし方のポイント

洗濯機に放り込む前にこれさえしておけば、泥汚れなんてあっさり落ちます。

泥汚れの落とし方に、特別な洗剤は必要ありません。

家庭にある、あれを使えばいいのです。

髪の毛が生えている人は、持ってると思います(笑)

泥汚れが落ちないのは余計なことをしているから

泥がついてしまった服。

さて、洗濯しなければ。

泥まみれの服を、そのまま洗濯機に放り込む人はいないはず。

まず、何をするでしょうか。

普通は一旦バケツなどを使って手洗いして、それから洗濯機へ入れますよね。

ところが、それがNG。

なんと、洗濯機に入れる前に水洗いをするのはいけないのです。

なぜ水洗いをするといけないのか。

それは泥汚れが、より一層落ちにくくなってしまうからです。

そんなバカな!そう思った人も多いでしょう。

でも、本当です。

水分を一旦含ませてしまうと、生地の中に泥が入っていってしまいます。

水をかけて、浸けてしまうことは、逆効果なのです!

泥汚れは洗濯機を使う前にこうして落とす

髪の毛がある人は絶対に持っているもの。

ドライヤーを使います(笑)

ドライヤーの冷風を当てて泥を乾かすのです。

これは、泥が繊維の奥に入っていくのを防ぐため。

乾かしてから、はたいて泥の汚れを落とします。

泥がついたまま t シャツを洗ってしまうと、洗濯機が壊れる原因になります。

洗濯機の中に砂が入り込まないように、事前にこうやって落としておくのです。

乾いた泥は、はたくと結構落ちます。

そうしてある程度泥を落とした後、粉末洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けます。

30分から1時間程度。

それから洗濯機に入れます。

家庭ではなかなか落とせない泥汚れが、スッキリ!

ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ

洗い上がりは、泥汚れがどこについてたっけ?と思うほどですよ。

泥汚れの落とし方のまとめ

泥汚れがなかなか落ちなくて、やっぱり洗剤は市販のものじゃ無理なのかな。

泥汚れは石鹸でグリグリ洗わないといけないのかな。

それとも、クリーニングに出すべきなのか・・・。

弱気になってた人も多いはず。

泥汚れって滅多にないような、身近なような。

土砂降りの雨の日、ぬかるんだ道を歩く時。

服に泥が跳ねる危険性が高いです。

あと、スポーツをしている人も。

例えば野球をしていたら、ユニフォームの泥汚れって避けては通れません。

悪戦苦闘していた人もいるでしょう。

泥汚れがよく落ちる洗剤が無いかなってさまよう前に、泥を生地に練り込んでないか、自分の行いを見直しましょう(笑)

事前に水洗いではなく、事前にドライヤーです!