高カロリーでも痩せる!砂糖と油や炭水化物と脂肪はどっちが太るのか

油が太るというのは嘘だった!

同じカロリーでも太る事もあれば、同じカロリーでも太らないこともあります。

その謎の答えは、脂質を摂取しても太らない理由に隠されています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高カロリーでも痩せる理由

まず、太る原因を理解しておきましょう。

高カロリーの食べ物を摂るから太ると思いっていませんか?

実は、そうではなく、体の中ですぐにグリコースに変わって体脂肪となる材料を、体に取り込むから肥満になるんです。

その材料とは、炭水化物と砂糖。

油や脂質など、高カロリーの食べ物をを食べただけでは、体脂肪として体に蓄えられることにはなりません。

脂質が脂肪酸という燃料になって体に蓄えられる時に、必ず必要になるのが炭水化物。

炭水化物や砂糖などの糖質は、すぐにグルコースになります。

余ると、体脂肪として蓄えらてしまうんです。

炭水化物と脂肪はどっちが太るのかについて

糖質は、あまると体脂肪になってしまいますが、脂質の場合は違います。

脂質は、炭水化物が無いと体脂肪になりません。

とんかつとか唐揚げは太りそうなイメージがありませんか?

とんかつとか、唐揚げとかって、白いご飯が進みます。

高カロリーの唐揚げを悪者にしてましたが、犯人は別にいました。

白いご飯=炭水化物

唐揚げが太る原因だと思いきや、実は白いご飯と一緒に食べているのが原因なのでした~。

砂糖と油どっちが太るのかについて

砂糖と油を比べても、当然太るのは砂糖。

なぜなら、脂質は単体だと体脂肪になりません。

炭水化物という相棒が必要です。

ところが、砂糖は砂糖だけで体脂肪になれます。

油で揚げたドーナツがなぜ太るのか、考えてみてください。

甘いですよね。砂糖は単体で体脂肪になれます。

ドーナツは小麦粉という炭水化物で作られてますよね~。

それを油で揚げたわけですから、油と炭水化物が出会っちゃいました。油は小麦粉のおかげで体脂肪になれましたとさ。

あ~あ(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太ることとカロリーは関係ない

人間の細胞や臓器や脳は、どれも脂肪でできてます。

つまり、油などの脂質は、体にとって必要です。

それから、たんぱく質について。

痩せやすい体づくりといえば、筋トレを考える人が多いです。

筋肉を作るには、たんぱく質を摂らなきゃ!と思って、せっせとプロテインを飲みますよね。

たんぱく質は、他の主要栄養素より消化しにくいんです。

グリコーゲンと脂肪が豊富にないと、体はたんぱく質を分解するのに糖が必要になります。

低カロリーのダイエット食だと、脂肪が足りなくなりますよね。

たんぱく質を分解したい体は、糖への欲求を高めてしまうわけです。

だから、痩せやすい体になるためには、油も摂取すること。

いい油をしっかり摂りつつ、適量のたんぱく質も摂るダイエットメニューこそ、最善の結果をもたらします。

太るのはカロリーではないのです。

バターやオイルを溶かすと、ミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになります。

脂質は、脳そのものもそうですし、セロトニンやドーパミンなど脳の神経伝達物質を作ります。

油を十分とらなかったり、悪い油しか摂らなかったりすると、作るための材料が無いということに。

そうすると、神経伝達物質そのものが不足するか、質の悪い神経伝達物質しか作られなくなります。

その結果、脳の機能は低下。

元気がなくなったり、疲れたり、落ち込んだりといった症状が現れます。

この悪いサイクルを止めるには、良い油をとること!

健康的に痩せたいなら、カロリー計算をやめましょう。

体にいい油とか脂肪が含まれているものであれば、かなりの量を食べても太ることはありません!

むしろ、体に蓄えられてしまった脂肪を、自然にエネルギーに変える体になっていきます。

体にいい油と悪い油についてと動物性脂肪がダイエットや健康に効果的な理由
ダイエットにいい油とは? 魚の油は体にいいっていいますよね。 動物性脂肪が体に良いのはなぜだと思いますか? その理由についてなど。 体にいい油と悪い油 体にいい油は、mctオイル、ココナッツオイル、魚油、良質の...