梅雨対策!雨の日に髪の毛がうねらない方法

雨の日に髪の毛が広がらない方法です。

湿気で髪がうねる時期、どんな対策をすればいいのか。

ボサボサになってしまう髪の毛をなんとかしましょう。

スポンサーリンク

まず梅雨の対策として髪の広がりを抑えたい

手っ取り早い方法は、髪をまとめてしまうことですよね。

しかしこれは、くせ毛をまとめられるほど髪の毛が長くなかったらできません。

ボブとかショートの人にも出来る対策を!

髪のうねりや広がりを抑えるには、髪の毛の状態を整えることが大事です。

髪の毛の扱い方を見直してみましょう。

  • 洗い方
  • 乾かし方

この2つがポイントです。

例えば使っているシャンプー。これだけで、髪の毛の広がりやすさが決まります。

ドライヤーだってそうです。

どんな髪の毛の状態だったらいいのか。

雨の日でもうねったり、ハネたり、ボサボサになったりしない髪の毛とは?

  • 約11%~13%の水分量を保っていること
  • その水分が髪全体に均等になっていること
  • キューティクルが剥がれていないこと

つまり、「健康で綺麗な髪の毛」ということですね。

「洗い方・乾かし方」のやり方によっては、髪が乾燥しすぎたり、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあります。

正しい方法で行えば、髪のうねりや広がりは抑えられるのです。

雨の日に髪の毛がうねらない方法

湿気で髪がうねるのを抑えるには、正しい髪の毛の洗い方と乾かし方があります。

まず、髪の毛の「洗い方」から。

使っているシャンプーが問題です。シャンプーの成分表示を確認しましょう。

ラウレス硫酸系の成分が配合されていませんか?

洗浄力が強いので、髪の毛をパサパサにしてしまいます。

洗う時は、濡れた髪の毛と髪の毛を擦り合わせるのではなく、地肌をマッサージします。髪の毛は、擦らなくても汚れは落ちます。

むやみに髪の毛をこすって、キューティクルを剥がさないように!

次は「髪の毛が広がらない乾かし方」です。

タオルドライをした後、ドライヤーの風の向きに気をつけます。キューティクルに逆らわないようにしましょう。

ドライヤーの熱でキューティクルが剥がれないように、また、髪を乾かしすぎないように注意。

髪の毛が完全に乾く前の、少し湿ってる時。いったんドライヤーを置きます。

そして、オイルを手のひらに広げます。

押さえるような感じで、髪の毛にオイルをなじませていきます。

もう一度ドライヤーを持ち、最後は冷風で仕上げましょう。

スポンサーリンク

髪の広がりを抑えるオイル

椿油や、モロッカンオイルは髪の毛をしっとりとさせます。

オイルの重みで、髪の毛のうねりが出にくくなります。

外出先で鏡を見て、髪のうねりに気づいた時。

どうすればいいのかというと、「ニベア」を使います。

まず髪の毛にニベアを塗ります。

それから、手で挟んで髪の毛を軽く引っ張ります。

髪がまっすぐになるように、ぐぐっと引っ張りつつ伸ばしていきましょう。

これで、髪のうねりがおさまります。