ポイント還元と現金値引きはどっちがお得か割引との違いについて

買いたいものの値札を見て、10%オフとなっているものと、10%のポイント還元となっているものがあります。

どっちも同じなのか?

それとも、どっちかが損なのか?

ポイント還元と値引きの違いについてです。

スポンサーリンク

ポイントと値引きはどっちが得なのか

値引きされていて、安くなっている方が良いのでしょうか。

それとも、ポイントが付く方がいいのでしょうか。

ポイントがたまっていくと嬉しい気持ちになるので、ポイント還元の方が良さそうだなって思うんですけど。

そういう「気持ち」のお得さは置いといて(笑)

ポイント還元と現金値引き、どっちがお得?

その答えは、現金値引きです!

ポイント還元と割引の違い

例えば10万円の炊飯器を買うとしましょう。

10%(1万円分)のポイントをもらう場合と、10%(1万円)を値引きしてもらえる場合で考えてみます。

まず、値引きからいきます。

現金値引きの場合は、その場で払う金額が10万円よりも安くなりますね。

10万円 × 10% = 1万円

つまり支払いは9万円となります。

だから割引額は10%です。

ややこしい考え方は何もありません。

単純に、これでいいわけです。

ところが、ポイント還元の方は、ちょっとややこしい。

ポイント還元の場合、炊飯器は10万円で買います。

10万円を支払いますね。

支払った後で、ポイントが1万円分付くわけです。

そのもらったポイントは、普通はその店で買い物をする時しか使えません。

ということは、10万円で炊飯器を買った後、もらったポイントの1万円分で何かを買うことになります。

10万円 + ポイント分1万円の買い物

1 ÷ 11 = 0.091

割引率は9.1%になります。

スポンサーリンク

ポイント還元は損か得かのまとめ

意味分かりますか?

11万円分の買い物をした結果、初めて1万円分が値引きされるということになります。

炊飯器を買って10万円払った時点では、1万円分のポイントが手に入っただけです。

現金値引きされた時は、10万円払うところを9万円で済んでます。

9万円で炊飯器を買って、持って帰れた。

ポイント還元の場合は、10万円払って炊飯器を持って帰れた。

後日、1万円分の買い物が、1万円分のポイントを使ってできる。

10万円の炊飯器 + 1万円の何か欲しいもの = 11万円

合計の買い物11万円 × 割引率9.1% = もらったポイント1万円

現金値引きだったらこの式が

10万円の炊飯器 ×  割引率10% = 現金値引き1万円

となります。

ということで、ポイント還元の方が損ですね。(・・;)