グルテンフリーの意味と小麦粉を使わないでお好み焼きを美味しく作る画期的な食材について

炭水化物抜きダイエットっていうのがありますけれど、小麦を控える健康法が注目されています。

小麦粉の変わりに米粉が使われることが多いのですが、ただの米粉じゃなくて、すごい食材が誕生しました!

これを使えば、小麦粉を使うよりも、美味しいよね!?みたいな。

スポンサーリンク

グルテンフリーの意味とは

小麦を食べない食事法グルテンフリー。

2015年プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手の食事法が書かれている本が注目されました。

その食事法がグルテンを控える、グルテンフリーです。

つまり、小麦粉で作られている、パンやパスタやピザやラーメンなどを食べないということ。

グルテンフリーを取り入れることがダイエットに有効かどうか賛否両論はあります。

ですが、グルテンフリーを実践して偏頭痛から解放された人もいます。

悪者にされてるグルテン(笑)

名前は、かわいらしい響きなんですけどね~。

グルテンとは、小麦粉に含まれる粘り気のあるたんぱく質のこと。

料理を美味しくするためには良いものです。

ところが、体内ではトラブルの原因にもなります。

なぜなら、グルテンには腸内の悪玉菌を増やす作用があるからです。

だからグルテンを摂取することは、消化不良や栄養の吸収阻害、便秘、むくみなどの不調につながるとも言われています。

最近は、小麦にアレルギー反応を引き起こす人も増えています。

摂取を抑えることで、腸内環境が整い、代謝が良くなり、痩せやすい体を作ることができます。

スポンサーリンク

小麦粉を使わないお好み焼き

クックパッドで、小麦粉を使わずに作ったお好み焼きを調べてみました。

小麦粉の代わりに何を使って作っているのかと言うと

  • 長芋
  • 山芋
  • 豆腐
  • 片栗粉
  • 納豆
  • じゃがいも

ですね。

卵を使って、焼いて形をまとめる、と。

お好み焼きにチーズを入れたり桜えびを入れたりして、風味をごまかす感じです。

お好み焼き専門店の「千房」が、グルテンフリーのお好み焼きを作ったという情報が入りました!

店で出すお好み焼きは、小麦粉の代わりに何を入れるのか、非常に気になります。

小麦粉で作ったノーマルのお好み焼きと限りなく近くしないと、店で出せません。

プロなんですからね。

そのプロが選んだ食材、それは「ライスジュレ」です。

米粉と、そのライスジュレを使って作ったお好み焼きは、小麦粉を使って作ったお好み焼きよりも、むしろ美味しいという・・・。

ライスジュレ?

聞いたことありませんよね。

ライスジュレとは、お米をゼリー状に加工した食材。

材料は、お米と水のみ。

すりおろした山芋のようにトロっとしています。

普通は、小麦粉を使って作られるグラタンとかクリームシチューとかパン。

そういったものが、ライスジュレを使えば、小麦粉を使わずに小麦粉を使った時よりも美味しいものに出来上がる。

開発したヤンマーという会社の人が、そう言ってるのをテレビで見ました。

一般人も、ライスジュレ、買うことが出来るのか気になりますよね。

買えるのは、↓ここだけ。

プレミアムマルシェ

通販やってるー。良かったー。

今のところ、Amazonでも楽天市場でも売っていません。