住宅ローンの借り換えのメリットや金利差のシュミレーション

5年以上前にマイホームを購入した人。

そのままローンを払い続けていませんか?

実は、うん百万円、損しているかもしれません!

時代が変われば、金利も変わります。

スポンサーリンク

住宅ローンで借り換えのメリット

2016年1月に日本銀行が導入した政策であるマイナス金利政策。

民間銀行が日本銀行に預けるお金の金利をマイナスにすることで、経済の活性化を狙いました。

少なくとも5年前に住宅ローンを組んだ人は、借り換えというものをした方が、得になるケースがあります。

組んだ時の金利のまま、ずっと払い続けていかなきゃいけないと思っていませんか?

そんなことはありません。

といっても、すでにローンを組んでいる銀行が、借り換えを嫌がるかもって心配です。

それを逆手にとって、住宅ローンを組んでいる銀行への交渉材料に、違う銀行にローンの審査を通すという方法もいいです。

他の銀行に乗り換えようかな~って態度を見せたら、銀行も利子をもうちょっとなんとかしようとしてくれる可能性も。

つまり、競い合わせてサービスしてもらおうっていう戦法です(笑)

住宅ローンの借り換えで金利差が及ぼす影響をシュミレーションしてみた

住宅ローンの借り換えで、金額はどれくらい変わってくるのでしょうか。

15年前に3千万円でマイホームを購入したとしましょう。

その時、金利2%で35年ローンを組んだ場合。

15年間払ってきたわけです。で、35年ローンだから残りの返済期間20年。

だとすると、返済残高は2690万円です。

金利が2%なので、総返済額は3580万円となります。

今は金利が1%です。

そうすると、総返済額が3110万円になります。

実際に借り換えをする時には、手数料がかかります。

約100万円です。

手数料の100万円を差し引いても、約370万円お得に。

組んだ時のローンをそのまま払い続けるより、借り換えした方が、約370万円は総支払額が少なくなるという計算になります。

スポンサーリンク

住宅ローンの借り換えは面倒

約370万円って、大金ですよ!

結構な金額がお得になる借り換えですが、なぜみんなやらないのでしょうか?

それは、単純にめんどくさいからです(苦笑)

家族の誰かがめんどくさい手続きをやってくれるならいいけれど。

借り換える銀行どこにしようかな~って探して選ぶのもめんどくさい。

必要書類も揃えなければいけないのもめんどくさい。

源泉徴収票もらってくるとか、印鑑証明書を役所に取りに行くとか。

平日に行かないといけません。

そう考えると、ウゲ~ってなりますよね。

そのめんどくさいことをして、浮かせられるのが数万円程度だったら、やらなくてもいいかもしれません。

だけど、金額が!

金額がデカいですから!!

めんどくさいって理由だけで、やらないのはもったいない。

もちろん、金利は世の中の景気などによって、今後も大きく変わる可能性があります。

借り換えの時は十分に検討しましょう。

貯金か投資かどっち?なかなか増えないお金を増やす初心者にも出来る方法
10万円が1年で10万1円になるのか、10万4千円になるのか。 自分で働いて稼ぐだけではなかなか増えないお金。 お金をほったらか...