化粧品が肌に悪いのは防腐剤のせいで○○が変な名前の気持ち悪いものだらけになるから

化粧品の成分がどうたらこうたらっていう話とは違う角度から。

これを知ってしまったら、防腐剤が入った化粧品を肌につけるのが怖くなるかもしれません。

覚悟してください!

スポンサーリンク

化粧品の肌に悪い成分っていうか怖いものについて

それは「防腐剤」です。

化粧品に入っている防腐剤の殺菌力は相当強い!

ケガした時に消毒する時に使う消毒薬なんて、全然ってくらいに。

防腐剤が入っているから、ファンデーションとか化粧水とか、常温で開封済みで置いていても腐らないんです。

防腐剤が入っている化粧水を付けてから、防腐剤が入っている乳液を付けて。

さらにファンデーションとかコンシーラーとかチークなど、防腐剤が入っている化粧品を次々重ね塗り。

そうすると、どうなると思いますか?

防腐剤が入った化粧品を何種類も塗っている肌を調べてみると・・・・

なんと、気持ち悪い雑菌だらけ。

聞いたこと無い名前の雑菌たちが繁殖。

あなたたち、どこの所属の誰ですかー!?みたいな(苦笑)

皮膚の常在菌

腸内環境をよくするには、腸内細菌のバランスが大事って言いますけれど。

人間は細菌と共存しているのです。

場合によっては、菌に健康を助けてもらっている。

つまり人間にとって、いい菌がいるってことです。

そして、菌は皮膚にもいます。

常在菌によって、皮膚が健康に保たれているんです。

先ほどの通り、化粧品の防腐剤は強力。

殺菌力、半端ない。

常在菌は、倒されてしまいます。

そして、防腐剤に負けない気持ちの悪い雑菌のみが、皮膚の上で生き残る。

雑菌だけじゃなくて、カビが皮膚に取り付いてしまった人さえいます。

防腐剤が入った化粧品を何種類も肌に付け続けたせいで。

スポンサーリンク

化粧品の怖さのまとめ

そういえば、化粧品が腐って使えないという経験って、無いな~。

他に良いのを見つけちゃって、使わなくなってしまった化粧品。

半分残っているから、捨てるのはもったいない。でも開封して使ってしまってるから、人にあげることもできない。

いつのものかも分からなくなるほど、ずっと放置したまま。

まだ使えるのか、捨てるべきか、久々にフタを開けてみて中身をチェック。

特に異変がない。

色は変色してないし、匂いも普通だし、カビが生えてるとかも無い。

よく考えたら、それって、おかしいですよね。

常温で置いていたら、雨の日は湿気が高いし、夏は温度が上がるし。

使いかけなのに、季節を何周しても、異常無し、なんて。

それが「防腐剤」の力。

いかに、その殺菌力が強いか。

「腐らない。」

それは、ありがたいことです。

冷蔵庫で保管するとか面倒なことをしなくてもいいんですから。

使ったあとフタを閉めとくだけで、腐って使えないってことがないんですから。

便利。助かる。

しかし・・・

それは、こんなにも恐ろしいことだったのです!

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

そうですよね。

殺菌力が強いんですからね・・・。

私の皮膚にいる菌、おなじみの顔ぶれだったらいいんですけど。

防腐剤のせいで、菌が変な名前の気持ち悪いものだらけだったらどうしよう。

は~、怖いっ。