お金をかけずに美肌になる方法!肌の健康的な状態について

肌トラブルから開放されるために!

もともと備わっている肌の力を復活させて、美肌になりましょう\(^o^)/

そのためには、いろいろ知らなければならないことがあります。

スポンサーリンク

肌をきれいにするために改めて確認

まず、目指すべき肌の状態について知っておきましょう。

きれいな肌とはどういうのを想像しますか?

ニキビがないっていうか、ニキビが出来ない肌。

それから、毛穴がないと思うような肌。

あとは、色が白いとか、すべすべとか。

想像するのは、素肌ですよね。

ファンデーションを塗った後の肌じゃなくて。

化粧水とか乳液とかで整えた後の肌でもなくて。

洗顔後に何もつけなくてもつっぱらない。

化粧しなくてもいいというか、化粧する必要がない肌。

そういうのが、きれいな肌だと思います。

それに、そういう肌になりたいです!!

肌をきれいにする方法で目指したいのは、化粧とか乳液とかの必要がない肌です。

つまり、それは、健康な肌!

肌の健康について

赤ちゃんの肌はきれいです。

まだ紫外線に当たったことが無いからかもしれません。

肌に悪そうなものも、まだ食べたことが無いからかも。

肌に悪そうなものっていうのは、油とか甘いものとか食品添加物が食べ物とか。

あとは、体に何か出てくるほどのストレスも感じたことがないでしょうし。

ファンデーションは使わないし、風呂上がりに化粧水とか美容液とか塗らないでしょう。

赤ちゃんの生活を比較すると、自分が赤ちゃん肌じゃない理由がてんこもり(笑)

参考にするべく、赤ちゃんのお肌を触ってみます。

そしたら、その感触は、さらさら。

しっとり~とか、吸い付くほど潤ってる~って感じじゃありません。

どちらかというと、ちょっと乾燥気味?

驚くなかれ。なんと、肌は本来、乾燥している方がいいのです。

信じられない話ですが。

乾燥している方が、角質細胞が剥がれやすいんです。

赤ちゃんの肌が、もし、しっとりしていたら・・・

それは、汗ばんでいるか、交感神経が緊張してオイリーになっているか。

そのどちらかだと考えられます。

肌がずっと濡れている状態だと、気持ちが悪いものです。

はやく拭きたいって思います。

なぜなら、水分が残っていると、皮膚のバリアが壊れてしまうから。

皮膚を守る本能によって、「濡れていると気持ち悪い、拭いてスッキリしたい。」と思うんです。

皮膚の表面は、さらさらして乾燥しているのが良い。

それが美肌の本来の姿です。

スポンサーリンク

お金をかけずに美肌になる方法

洗顔、化粧水、クリームなど、スキンケアの具体的なやり方は、こちら↓

顔の毛穴をなくす洗顔の方法!○○を使ったら黒ずみが消えた
この洗顔方法で、鼻の黒ずみが治ったのでビックリ。 毛穴パックで角栓を取るのではありません。 ○○を使って、洗うだけ。 簡単...
開いた毛穴を引き締める化粧水の作り方
開いた毛穴が戻らない!と嘆く前に。 鼻の毛穴もそうですけど、頬の毛穴のたるみが気になるなら、引き締め効果のある、あの成分を使ってみませ...
乾燥肌のスキンケアで使うクリームの効果的な塗り方について
乾燥肌のケアにはどんなクリームを使えばいいのか。 そして効果を損なわない塗り方。 肌バリアを壊したくないから、変なクリームをつけ...

乾燥肌で困っている人がいます。

乾燥してるのが、本来の肌・・・って、ちょっとわけわかりませんね(;^ω^)

重要なポイントは、乾燥してていいのは、「皮膚の表面だけ」ってこと。

弾力がなくなるほどに、皮膚が乾燥している状態ではありません。

極寒の地で、まつげが凍ったー!っていうのをテレビで見たことがあります。

だけど、まぶたが凍ってしまうことはないです。

まぶたが凍ってしまって、瞬きをしたら、皮膚がバリバリっと割れちゃったってこともありませんよね。

皮膚の表面が乾燥気味だからこそ、皮膚は凍りません。

逆に、砂漠でカラカラの空気の中にいても、人間の身体が干物みたいになることもないです。生きてる間は。(笑)

それは皮膚には自家保湿因子というのがあるからです。

肌には、外の影響を受けないようにできる力、守る力が備わっているということ。

乾燥させちゃだめだー!保湿が大事だー!大切だー!って言いますけど。

落ち着いて「美肌」を目指しましょう!