顔の毛穴をなくす洗顔の方法!○○を使ったら黒ずみが消えた

この洗顔方法で、鼻の黒ずみが治ったのでビックリ。

毛穴パックで角栓を取るのではありません。

○○を使って、洗うだけ。

簡単です。

スポンサーリンク

毛穴の洗顔方法について

もったいぶったりしません(笑)

何を使ったら毛穴がきれいになったのかというと、それは「熊野筆」です。

さっそく、顔の洗い方を。

熊野筆の洗顔ブラシで、洗顔料をよく泡立てます。

そのモコモコの泡&洗顔筆の毛先を使って、顔をクルクルと洗います。

35度のお湯で洗い流せばオッケー。

説明が簡単過ぎました( ^ω^ )

それでは詳しく見てみましょう。

まず、温度について。

使う水(お湯)の温度は35度くらい。

体温は36度ですよね。皮膚の表面は、体温より1度低くて35度くらいです。

その36度とか35度の温度で、分泌された皮脂が体の外に溶け出てきたわけです。

なので、皮脂は35度の温度があれば、十分落とせるってこと。

熱すぎず、冷たすぎず。

それから、洗う時の道具。

毛穴の黒ずみが気になる場合。

洗顔ブラシっていうのがあるんですけど、これを使えば、角栓がきれいさっぱりとなくなります。

黒ずみは、どこかへ。

熊野筆を使ってください。

高いんですけどね。

注意点は、本物の熊野筆であること。

安物だと心配です。

肌に優しく洗えるのに、毛穴の黒ずみが取れる優れものですから、高い本物の洗顔ブラシを!!

化粧水とか、ちょびっとの量で1万円とかするものに比べたら、全然いいですよね。

筆だから、1か月で使い切ってしまうようなものじゃないので。

いや、逆に1か月でダメになるような使い方をしてたら、もっと力を加減して!優しくそっと洗って!!と言いたい(笑)

この時、使う洗顔フォームですが、防腐剤が入ってないものとか、肌のバリアを壊さないものを。

シンプルで安全な素材を使ったせっけんなどがいいです。

といっても、熊野筆で作られた洗顔ブラシがあれば、洗顔料はなんだっていいんです。

スポンサーリンク

まとめ

肌には回復力があります。

今、なんらかの肌トラブルを抱えていたとしても、大丈夫。

肌の回復力を最大限に発揮させればいいわけです。

せっかくの機能を「損なわないように」することが大事。

機能を高めようとしてあれこれ手を出すのではなくて、損なわないことに注意します。

化粧水とか乳液とか毛穴パックに頼らずに。

肌の本来の力を引き出すには、シンプルなお手入れで十分。

毛穴に傷を付けないように、熊野筆で優しく、でもきっちり汚れを落としましょう。

日々の積み重ねが肌に出てきますから。

何を積み重ねていくべきなのか。

とても大事です。

開いた毛穴を引き締める化粧水の作り方
開いた毛穴が戻らない!と嘆く前に。 鼻の毛穴もそうですけど、頬の毛穴のたるみが気になるなら、引き締め効果のある、あの成分を使ってみませ...
洗顔後につっぱらないようにする方法と保湿してもつっぱる理由
汗かいたときとか、気軽に顔が洗えませんでした。 顔がつっぱるのがつらくて。 化粧水とか乳液を持ち歩いてないから、つっぱってもどう...
化粧品が肌に悪いのは防腐剤のせいで○○が変な名前の気持ち悪いものだらけになるから
化粧品の成分がどうたらこうたらっていう話とは違う角度から。 これを知ってしまったら、防腐剤が入った化粧品を肌につけるのが怖くなるかもし...