パーマとコテの違いと毎日アイロンするのとどっちが痛むのかについて

パーマもコテも、髪にダメージを与えてしまうけれども、しいていうなら、どっちがいいのか。

ゆるふわの髪型にしたい場合、出来るだけ髪を傷めない方法を選びたい。

パーマとコテの長所と短所について。

スポンサーリンク

パーマとコテはどっちがいいのか

雑誌のモデルさんの髪型にしたいなら、コテです。

パーマだと雑誌に載ってるようなキレイな巻き髪が作れません。

実は、モデルさんって、コテで髪型を作っています。

微妙なニュアンスとかバランスとかは、パーマだと難しいです。

なので、あんなふうに形の良いカールのゆるふわを再現したいならコテ。

ヘアカタログに載ってる複雑な巻き方も可能です。

ですが、髪のダメージを考慮するなら、話が変わってきます。

パーマとコテの違いについて

コテとか、ヘアアイロンは、高温ですよね。

なんで高温だと、クルクルっとした髪の毛が作れるのかというと、タンパク質が熱で変化するから。

卵は、熱を加える前はプルンプルン。

しかし卵を茹でたり焼いたりしたら、固まります。

ゆでたまごの黄身はほくほくするっていうか、パサパサするっていうか。

生卵の時は、黄身も水分があってぷるぷるっとして食べやすかったけれど。

髪も同じです。

高熱で髪の中のたんぱく質を変化させて、ウェーブをつけます。

で、それだけじゃなくて、卵みたいに、髪だって熱を加えたことでパサパサになってしまうのです。

一方、パーマの場合はどうなのか。

コテの時は、熱の力でたんぱく質を変化させて髪をカールさせました。

パーマは、熱ではなくて薬剤でたんぱく質を変化させてカールを作るわけです。

で、その薬剤が、髪にダメージを与えます。

パーマは、一気に髪にダメージを与えてしまうってことです。

ちなみにデジタルパーマは、パーマ液も使いますし、熱も加えます。

わおっ!(゚ロ゚;ノ)ノ

スポンサーリンク

毎日アイロンとパーマはどっちが痛むのか

たった1回コテを使っただけでパサパサになるわけではありません。

パーマは1回で、一気に髪にダメージを与えます。

それなら、コテの方がいいのかなって思いますけど。

しかし、1回だとほんのわずかな熱のダメージだったとしても、それが毎日毎日続くとなると・・・どうでしょう。

高温のコテを、出来るだけ短時間の使用にとどめるなら、ダメージを最小限に抑えられなくもない。

だけど、自分の髪を自分で巻くって、やりにくいですよね。

毎日コテを使うのと、美容院に行きプロの手で、ダメージを抑えるように工夫されたパーマを施してもらうのと、どっちか。

毎日巻くよりも、パーマの方がまだ髪が痛まないってことになります。