人にものを頼む言い方とコツ!お願いするときの言葉の例

「うん」と言わせる頼みごとの仕方について。

円滑に仕事を進めるためにも、頼む時のコツを知っておくといいですね。

ちょっとしたことで、ガラリと印象が変わります。

言葉って、不思議~(^o^)v

スポンサーリンク

人にものを頼む時の言い方の例

仕事を手伝ってほしい時。

人にどう頼みますか?

「手が空いてるならこの仕事頼んでもいい?」

と言ってませんか?

こう言われて、すんなりオッケーしてくれる人は少ないはず。

「今はちょっと忙しいので」って断られてしまいます。

もしくは、しぶしぶ「うん」って言ってくれるかもしれません。

しかし、心の中では

「なんで私なのよ!他の人に頼めばいいのに!」

と思われていることでしょう(苦笑)

そして、やる気なく嫌々手伝われて、仕上がりも良くなかったりして。

それじゃ困ります。

そこで!

頼む時の言葉を変えてみます。

「これはとても大切な仕事だから、他の人じゃなくて、あなたに頼みたい。やってくれる?」

こんなふうに頼まれたらどうでしょうか。

手伝いたくなりませんか?

頼ってもらったことが、嬉しいとすら思えます(笑)

上手な頼み方のコツ

誰しも、認められたい欲っていうのがありますよね。

その「認められたい欲」を利用します。

利用っていうと、なんか嫌な感じしますけど(笑)

「これはとても大切な仕事だから、他の人じゃなくて、あなたに頼みたい。やってくれる?」

この言い方だと、相手を認めてるよって伝えてますよね。

そうすると、頼まれた人は頑張ろうと思うので、仕事のクオリティも上がります。

頼み方を変えると、「うん」と言わせるだけじゃなくて、クオリティまで上がるのです。

これは仕事のことだけじゃなくて誰かに何かを頼む時に使えます。

「今日の飲み会、みんな来るから来ない?」

ではなくて

「今日の飲み会さ。他の人が来れなくても、あなたには来てほしいの!」

っていうふうに。

会話の中で自然にサラっと言うと、けっこう威力あります\(^o^)/

スポンサーリンク

人にお願いするときの言葉の例

同じことを言うのでも、ちょっとした言い回しの違いで、すごく印象が変わることが分かりました。

他にもあります。

例えば仕事で上司に提出期限を延ばしてもらいたい時。

普通だと

「今日中って言われていた企画を、明日まで 待ってもらえませんか?」

と言ってしまいます。

これだと、「今日って言ってたのに!」と怒られますし、期限も延ばしてもらえないかもしれません。

言い方を変えます。

「今日提出の企画書なんですが、もうちょっとクオリティをあげたいので、明日まで粘ることはできませんか?」

印象が変わりますよね。

相手からしたら待ってみようって思います。

上手な頼み方のコツを使うと、自分も助かりますけど、相手も気持ちよく頼み事を聞くことが出来ます。

日常生活のいろんな場面で、家族相手とか友達相手とか、いろいろ応用できそうですね♪

会話中に腕組みをする心理など話を聞く姿勢から分かる相手の気持ちについて
相手の気持ちは、仕草に出ています。 相手が腕組みをしていた場合、どう思いながら聞いてくれているんでしょう。 「この話、つまらない...
部下の叱り方。怒り方がわからない年上の部下への伝え方
未熟な自分が、年上の部下とか新人(後輩)を指導する立場に。 叱り方がヘタだと、恨まれそう。 上手な叱り方を知れば、乗り切れる! ...