胸の下のかぶれを治すためのブラジャーのあせも対策

胸の下がかゆくてたまらない。

今朝までなんとも無かったのに、なんで今、突然かゆみが?Σ(゜ロ゜;)!!

皮膚に何が起こったのでしょうか。

スポンサーリンク

胸の下がどうにもこうにも痒い!

胸の下が痒い。どのような状態ですか?

汗をかいていませんか?

汗でブラジャーが湿っていて、蒸れていませんか?

その場合、胸のかゆみは、あせもが原因です。

皮膚のバリア機能が低下していると、 少し汗をかいただけでも、肌を守る力が弱いためにあせもができやすくなってしまいます。

アトピーの人や、乾燥肌の人、敏感肌の人は、特に皮膚のバリア機能が低下している人が多いので、かゆくてもボリボリ爪でかかないように注意してください。

ブラジャーのあせも対策

胸の下は汗をかきやすいです。

ブラジャーのアンダーバストをきつめにしていると、蒸れてしまいます。

できればブラジャーは、ワイヤーが入っていないものを。

ブラジャーの素材は、ポリエステルなどの化繊ではなく綿が入っているものがいいです。

汗が早く乾く通気性の良い素材を使ったブラジャーもあります。

あせもは、蒸れが大敵。

ブラジャーが汗で濡れてしまったら、こまめに着替えるのが一番良いです。

家にいるなら面倒くさくても、あせもを防ぐために、いくらでも着替えられます。

しかし、外出中などは難しい。

そんな時は、化粧用のコットンを使います。

そのコットンを、胸の谷間部分や、アンダーバストにはさみます。

濡れたらとりかえます。

汗をコットンが吸収。

そのおかげで、肌は汗で濡れることなくさらさら。

こうすることで、蒸れを防止。

あせもになることを防ぎます。

使い捨てにできるので清潔ですし、取り替えもラク。

本来化粧用に使うコットンですから肌にも安心です。

胸の下にあせもができたら

とにかく、あせもができたら、かいてはだめ!

夜寝る時に、無意識にかきむしってしまわないように!

保湿するといいです。

クリームは、あせもにはちょっと・・・。

肌はさらっとさせたいですからね。

ローズヒップオイルでオーガニックのものを。

オイルなのにべとつかず、肌がふわふわ。

あせもでガサガサだったけど(笑)

スポンサーリンク

まとめ

ある日のこと。

胸の谷間っていうか、下のところが痒い!

ブラジャーを新しくしたなら、生地が合わなかったのかなと考えられますが。

いつもつけているブラジャーなのに。なんで今日は痒いの!?

ブラジャーを着けたまま痒い部分を手で触って確認してみました。

そしたら、ブラジャーの方が気になりました。

アンダーバストの部分が湿っている。おや?

もしやと思い、ハンカチをブラジャーのアンダーバストの部分に挟んでみました。

しばらく挟んだままにしていたら、痒みが治まったのです。

なんとまあっ!!

それから時間が経ち、ハンカチが汗で湿ってくると、再び胸の下が痒くなりました。

ハンカチの向きを変えて、乾いた部分を肌に当てて挟むことに。

そしたらまた、痒くなくなるのです!

乾燥した面を肌に当てていれば、痒くない。

逆に、湿った面が肌にあたっていると痒い。

なんてシンプル!(笑)

蒸れると、肌に良くないということですね。

肌はいつもさらっとさせていることが大事だとよくわかりました。