気温が体温と同じか高い時の影響と対策について

体温より気温が高い日があります。

体にどういう影響があるのか心配ですね。

気をつけないと、めまいや吐き気に苦しむことになります。

スポンサーリンク

気温が体温と同じ場合

熱は高い方から低い方へ移動する性質があります。

通常の場合だと、皮膚からの熱放出や汗の蒸発で熱を逃がしています。

ところが体温と気温が同じだと、問題が起こります。

汗をかきすぎて脱水状態に!!

そして、汗をかきにくくなってしまうのです。

なんでなのかというと、日本は高温多湿ですよね。

そのため、汗をかいても汗が蒸発しません 。

だから体は、熱をうまく逃すことができないのです。

これは、めちゃめちゃ危険ですね。

体内に熱がこもってくるとめまいや吐き気、それがさらにひどくなると失神や意識障害に陥ることも。

いわゆる、熱中症です。

もっと怖いのが、脱水で血液がドロドロになり、脳梗塞を起こすこともあります。

気温が体温以上の日にするべき対策

対策は、脱水を防ぐための水分補給がとても大事。

水分補給には、塩分を含んだ飲み物が良いです。

あと、冷えたペットボトルを買ったら、飲む前に首筋に当てましょう。

首にある頸動脈を冷やすことで、脳に行く血液の温度を下げる効果があります。

気温が体温より高い日は、首を冷やす対策グッズを使って、常に冷やしておくのも良いです。

先ほどの説明のように、体はうまく熱を逃がす事ができなくなっていますからね。

首を冷やす対策グッズを暑い日は活用すると、体内に熱がこもってくることを防げます。

そして、できるだけ風通しの良い木陰などにいましょう。

汗が蒸発しやすいように心がけてください。

スポンサーリンク

まとめ

めちゃくちゃ暑いけど、いったい何度くらいあるのだろう。

そう思って、温度計を見てびっくり。

37度!?

体温より高いじゃないのっ!!!

じっと座っているだけなのに、汗が滴り落ちてくると思ったら・・・。

体の中の、内臓が熱くなってきたのがわかる。

家の中にいて、37度ってことは、外はどうなっているんだろう。コンクリートとかで、さらに気温が高そう・・・とか、ぼんやり考えていたら。

いつのまにか、汗をかかなくなってきた!?

こんなに暑いのに。

なんか、ふらふらする・・・。

そういう状態になったことがありますが、かなりヤバかったんですね(笑)

体温より気温の方が高くなると、体はうまく熱を逃すことができなくなる。

だから、何とかして、体の熱を逃がさなければいけません。

ふらふらする前に、首を冷やしましょう!