日焼けでヒリヒリして痛いから寝れない場合の対処法!

紫外線を浴びて肌が赤くなってしまった。

じんじん、ヒリヒリ。

これはまずい!

そんなふうに、痛いほど日焼けしてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

日焼けして痛いときの対処法

まず、日焼けした肌を冷やしましょう。

ただ、氷を当てると、冷たすぎます。

また、冷たいタオルなどで患部を抑えても、すぐにタオルが温まってしまいます。

それでは患部をしっかりと冷やすことができません。

それに対して流水のシャワーを使えば、常に冷たい水が患部にあたります。

しっかり冷やせます!

ですから、日焼けした箇所に流水シャワーを浴び続けること!

それから、痛くてもお風呂に浸かってのんびりしたいですよね。

肌がヒリヒリした状態でも、ぬるま湯にあるものを入れるだけで痛みが和らいで入浴できます!

それは何かと言うと、紅茶。

35度から37度のぬるま湯に、紅茶のティーパックを2個から3個入れて5分間、ゆったりと浸かりましょう。

いわゆる紅茶風呂ですね。

紅茶には、タンニンという日焼けの炎症を抑えてくれる成分が入っています。

このタンニンという成分が皮膚に直接触れると、日焼けによる肌の炎症やほてり感を鎮めてくれます。

日焼け後にピッタリですね♪

日焼けのヒリヒリに対する薬

日焼けして痛いから寝れない時に、何か痛みを鎮める薬はないのか?

肌が日焼けでジンジンとしばらく痛む場合には・・・

頭痛薬です!

日焼けの肌の痛みに、頭痛薬?

意味不明ですね(笑)

頭痛薬というか、「消炎鎮痛剤」がいいです。

それを飲むだけで、日焼けによる肌の痛みが少し楽になります。

なぜかというと、ひどい日焼けの場合は、頭痛と同じで炎症が体で起きています。

その炎症によって痛み物質が次々と作られて、痛みを感じるのです。

頭痛薬などの痛み止めは、この痛み物質を作られるのを抑えてくれます。

結果、日焼けによる痛みが和らぐのです。

スポンサーリンク

まとめ

紫外線対策で、完全に肌を守っていたつもりが、やっぱり守りきれなかった日もあるわけです。

一番、紫外線の強い日中に、ずっと外で紫外線を浴びた日などは特に。

日焼け止めは、こまめに塗り直してこそ、効果を発揮するものですし。

日焼けして顔が赤い。そして痛い。

そういう時はシミやそばかすが心配ですけど、日焼けした日の夜は、痛みとの戦い(苦笑)

ほんと、ヒリヒリしますからね。

まずは水のシャワーで冷やす。

それから肌の炎症やほてりを鎮めるために紅茶のタンニンパワーに頼る。

で、よっぽど日焼けの痛みがヒドい時は、頭痛薬。

次の日も、まだ日焼けの痛みが強いなら、皮膚科に行きましょう。

ヒドい日焼けは火傷と同じですから。

そこまでひどくない場合は、肌のために日焼け後のアフターケアをしましょう。

日焼け後のケアでおすすめの食事とパックやローションについて
日焼けしたなと思って、化粧水をペタペタ。 でも、日焼けした直後に行うべきケアの方法は、そういうことではありません。 家に帰ってき...
シミを消す自宅で出来る簡単な方法
顔にシミが出来ている!? どうにかして消せないものかしら。 そんなときは、この方法を試してみてください。 プチプラでシミ消...