第一印象を良くする方法!初対面を好印象にする3つのポイント

男性でも女性でも関係なく誰でも使える方法です。

恋愛はもちろん、面接の場面でも!

人の印象は顔だけで決まってしまうわけではありません。

スポンサーリンク

第一印象を良くする方法

3つのテクニックがあります。

  1. うなずく
  2. 相手の動きを真似する
  3. 相手の言葉を真似する

詳しく見ていきましょう。

第一印象を良くする面接でも使える方法「うなずく」について

会った瞬間は、顔とか服装とか見た目が判断材料となります。

そこでいったん印象は決まってしまいますが、挽回可能!

うなずくと好印象を与えられます。

うなずかれると、人は、自分のことを受け入れてもらえてるんだと思えて気分が良くなるからです。

最初は顔が怖いって思われたとしても、ずっとうなずいて話しを聞いているうちに、あれ?けっこう良い人!って思わせられます(笑)

ところが、腕組みや脚組みをすると印象が悪くなります。

なぜなら、腕組みや脚組みは「防衛のサイン」だから。

受け入れてもらえないんだなと、相手が思ってしまいます。

また、視線を合わせないことも、印象をダウンさせます。

それに、ただうなずけばいいわけではありません。

コミュニケーションとは、リズムを合わせること。

その人の話の区切りで、うまく合いの手をとれることによって、どんどん話しをしていこうという気に起こさせます。

相手を乗せるのです。

つまり、話の区切りでうなずくと、リズムが合うので、相手の気分を良くさせます。

うなずきは息が合うことと同じ。

どういうことかと言うと、話の区切りというのは、わーっと話し終えて息を吐き終わった後ですよね。

「ふんふん」とうなずくのも、同じように息を吐いています。

息を吐いたタイミングが合う=リズムが合う=息が合う

ということだったのです。

第一印象を良くする恋愛でも使える方法「真似」について

うなずく以外にも方法はないのか。

印象アップの最も簡単な方法があります。

それは「相手の真似をすること」です。

ポイントは、一歩遅れて合わせること。

真似しているのを分からないようにするためです。

相手がコップを口元に持っていって飲み物を飲んだら、すぐに真似して飲むんじゃなくて、ひと呼吸置いてから。

相手がコップをテーブルに置いた後、飲むくらいの時間差で真似しましょう。

真似をするだけで印象が良くなるなんて信じられませんよね。

社会心理学に「類似性魅力理論」というものがあります。

それは、似た者同士は好意を持つ、という理論です。

暗黙の内に「私と似たところがある人なんだ」と気付けるサインになります。

つながりを持っていてもいいんだってことになり、相手に好意を持つのです。

スポンサーリンク

第一印象を良くする方法のまとめ

好印象を与えるテクニックはこの3つ。

  1. うなずく
  2. 相手の動きを真似する
  3. 相手の言葉を真似する

真似をするのは、髪を触るとか、飲み物を飲むとかの仕草だったり、相手の言葉だったり。

そして、第一印象を下げてしまう行動はこちら。

  1. 腕組み
  2. 脚組み
  3. 視線を合わせない

この3つをしてしまわないように気をつけましょう。