体にいいお酒の飲み方で1日のアルコール摂取量や肝臓の疲れを取る食べ物

肝臓の負担が減らせる飲み方とは?

アルコール分解能力に、男女差がある!?

あと肝臓にいい食べ物など、肝臓をいたわる方法についてです。

アルコール摂取量は1日でどれくらいだと良いのか

一番気になるのが、どれくらいのお酒の量から肝臓に負担がかかってしまうのかということですよね。

日本酒なら1日の量で言うと女性で1合で、男性なら1合半以上だと肝臓に負担がかかってきます。

例えば1時間あたりで考えてみます。

体重が50kgの人で、日本酒1/4合程度のアルコールを分解します。

仮に毎日3合飲むとすると、

3合 ÷ 4分の1 = 12時間

ですから、分解には半日かかる計算になります。

体にいいお酒の飲み方

ということは、ゆっくり飲んだら肝臓の負担が減らせるということかな?って思いますけど。

ものすごくゆっくり飲めば、確かに負担は減らせます。

しかし、1時間に日本酒を1/4合というペースで飲む人は・・・まず、いませんね(笑)

ただ、ゆっくり飲むということは、非常に大事!

肝臓病の原因とアルコールの分解能力や酒が及ぼす健康への影響について
お酒を飲みすぎたら二日酔いも気になりますが、肝臓も心配になります。 でもなんでお酒を飲みすぎたら肝臓が悪くなるのでしょうか? 肝...

男性と女性でアルコールの影響が違いがあるのか?ということについてですけど、どう思いますか?

アルコール性肝障害というのは、男性の方が多い傾向にあります。

男性の場合は、お酒を飲む機会が多く、晩酌の習慣 がある人も多いです。

そうすると、どうしてもしても肝障害を起こしやすい。

といっても、同じ量のアルコールを飲んで、影響を受けやすいのは女性の方なのです!

なぜかというと、女性は体が小柄な分、肝臓のサイズも小さいです。

肝臓が小さいから、アルコールの分解のスピードが男性より遅くなります。

肝臓を良くする方法

肝臓をいたわるための3つのポイント

  1. 飲む量に気をつけること
  2. 会話を楽しみながらお酒を飲むスピードをなるべく遅らせること
  3. 空腹時に一気に飲まないこと

アルコールの分解はささっと出来るものじゃないです。

短時間でがばっとアルコールを体内に入れてしまうと、肝臓に相当負荷がかかってしまいます。

気をつけましょう。

肝臓の疲れを取る食べ物

肝臓の機能を助ける食材について。

ビタミンB1を含むレバー、納豆、チーズなど。

タウリンを含むイカ、タコ、アサリ、牡蠣、海老など。

良質のたんぱく質を含む卵、魚、大豆食品、肉など。

また、ウコンも効果的です。

お酒のおつまみは、こういったものを選べばバッチリです♪

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる様に、病気の初期段階ではほとんど自覚症状がありません。

定期的にガンマgtpなどの数値などをチェックしましょう。

飲酒や食事などライフスタイルを見直して、肝臓をいたわりましょう!