咳が止まらないけど熱はないなら〇〇かもしれない⁉

痰が絡むし咳が続くのに熱なし。

風邪ならとっくに治っているはずなのに、咳だけが止まらないからストレス!

(´ρ`*)ゴホゴホしながら、ぷんぷん(≧ヘ≦)

風邪なの!?違うの!?

咳の正体を暴きましょう!!

スポンサーリンク

咳が止まらないのに熱はない場合

咳がひどくなると風邪かなって思いますが、違う病気の可能性があります。

それは「喘息」です。

喘息というと、子供の病気と言うイメージがありませんか?

確かに子供の喘息患者は、全体の70%程度。

しかし、大人になってからなる大人喘息も3%から4%を占めています。

季節の変わり目や、台風シーズンなど、気圧が変わったりする時は、喘息の症状が悪化します。

他の病気としっかり判別して、正しい処置をしないと症状は改善しません。

子供の喘息が大人になっても残って、そのまま大人喘息になるケースもあります。

ところが、大部分は大人になってから急に発症するのです。

軽症だからといって油断していると、重症の発作に移行して命の危険もあります。

ただの風邪だと思って風邪薬で凌いでいて、けどなかなか治らないから、病院に行ってみると喘息だったというケースも。

咳が止まらないけど熱はないなら、喘息を疑いましょう。

喘息かもしれない!大人喘息の発作について

大人喘息の主な症状

「息をする前にゼーゼーヒューヒューと音がする(喘鳴)」

「咳や痰などが止まらない」

或いは「呼吸困難」です。

中でも、呼吸する時に音がする喘鳴は、喘息の特徴的な症状です。

これは、気道が狭くなっているために音が出ている状態です。

正常な気道は気道粘膜に覆われています。

正常な気道だと、十分に空気の通り道があります。

しかし喘息になると、発作がない時でも腫れてしまって痰が溜まり、気道が狭くなっています。

さらにそこへ気温の変化やタバコなどの刺激が加わると、より気道が狭くなって激しい咳が出るんです。

スポンサーリンク

大人喘息の特徴

喘息の厄介なところが、発作が出ていない時はケロッとしていること。

発作を起こすと激しい咳が出て、とてもしんどい。

だけど発作が出ていない時は、全く何ともない。

なぜそれが厄介なのかというと、症状がいつ出るのか分からないということです。

そして、喘息の一番の特徴が、日内変動。

昼間は、比較的喘息の症状が出にくいので元気。

夜になると、激しい咳や喘鳴の症状が出て苦しい。

そうなってしまう原因はこちら。

夜中に咳が起きるほどひどくなる病気とその原因について
寝てる時に咳が出るから、起きてしまう。 夜に咳がひどくなる病気って何なの? それは、風邪じゃなくて〇〇だったのです! 夜中に咳...