余ったケーキを冷蔵庫や冷凍保存する方法と解凍して食べる時

ケーキの正しい保存の仕方について。

誕生日とかクリスマスとかのお祝いでケーキを用意したものの、量が多くて食べきれなかった場合。

買ってきた箱に戻していませんか?

ケーキがパサパサで美味しくなくなっているのは保存の方法に問題があるからです。

スポンサーリンク

ケーキの保存方法

ケーキ屋さんでケーキを買うと、箱に入れてくれますよね。

当たり前ですけど、あの箱ってケーキのサイズにピッタリです。

だから、食べ残したケーキをまた、その箱に入れていまいがち。

1時間後とか、すぐに食べるなら、それでいいんですけど。

夜にケーキを食べて、余ったケーキを箱に戻して冷蔵庫で保存すると、一晩経ってしまうわけですから、良くありません。

あの箱は厚紙で出来ていますよね。

冷蔵庫の中の湿気を吸ってしまいます。

それだけではなく、中に入っているケーキの湿気も吸ってしまうんです。

だからケーキのスポンジ部分がパサパサになって、美味しくなくなるんです。

箱で保存しないようにしましょう。

タッパーを使うこと。

ケーキを入れる時は、タッパーを逆さにしてください。

タッパーのフタを皿にして、ケーキを乗せます。

そしたら、タッパーの容器の部分をかぶせます。

タッパーを普通に使うよりも、逆さにして使ったほうが、ケーキの場合は入れやすいです。

余ったケーキを冷凍するなら

冷凍に適したケーキは、ガトーショコラとかチーズケーキなどです。

生クリームや生のフルーツが使われているケーキは、冷凍保存に向きません。

絶対出来ないわけではありませんけど。

ケーキにフルーツが飾られている場合は、そのフルーツを全部取ってから、冷凍しましょう。

タッパーに入れて冷凍保存します。

それでも、保存出来る期間は1週間。

家庭用の冷凍庫は、他の食品も入っていますし、美味しく保存出来る場所ではありません。

長期間、冷凍庫に入れていると、やっぱり味は落ちていってしまいます。

冷凍保存しても、なるべく早めに食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

余ったケーキを冷凍して食べる時

冷凍したケーキを、食べる時は、解凍しなければいけませんよね。

冷凍庫から出して、部屋の中に置こうとしてませんか?

自然解凍はしないでください。

なぜなら、常温で解凍すると、ケーキの風味が損なわれて、美味しくなくなるからです。

冷凍保存したケーキは、冷蔵庫に移します。

冷蔵庫の中で、ゆっくり時間をかけて解凍するようにしましょう。