薬が効きにくいか効きやすいか副作用が出やすいかは人の○○を見れば分かる!?

薬の副作用が出やすい人、薬が効きにくい人、薬が効きやすい人。

自分は、どうなのか、すぐに分かる方法があります。

それは、身体のある部分を見れば・・・

どこだと思いますか?

薬が効きにくい人と効きやすい人

薬が効きにくいかどうかは、体質によります。

どこを見たら分かるのかというと「耳」です。

正確には、「耳垢」です。

耳垢が乾燥している人もいれば湿っている人もいますよね。

薬が効きにくい人は湿った耳垢、薬が効きやすい人は乾いた耳垢をしています。

どっちのタイプですか?

ちなみに私の耳垢は乾燥してます。

ということは、私は薬が効きやすい体質なんですね~♪

薬が効きにくいか効きやすいか、どっちの方がいいんでしょうか。

そりゃあ、効いた方がいいですよね。

でも、効きやすい体質ってことは、心配なのが副作用。

薬の副作用が出やすい人が気をつけるべきこと

乾いた耳垢の人は、飲んだ薬が細胞の中に長くとどまりやすいです。

だから薬が効きやすいわけです。

なので、薬の作用が強く現れます。

それは時として、薬の副作用にもつながりやすいということ。

心配なのが薬を海外から個人輸入する人がいることです。

または、旅行の旅先で買うとか。

なぜなら、日本人のおよそ9割が乾燥した耳垢です。

その逆で、湿ってる耳垢の人が多い国もあることは想像できますよね。

そしたらその地域では、その国の人の体質に合わせた薬を作るわけです。

薬が効きにくい体質の国民に合わせて調合された薬。

個人輸入や、旅行先で、乾燥した耳垢の日本人が買って飲んだら・・・

わー、こわいっ!!( >ω< )

日本人が海外の薬や化粧品を使うと、思わぬ副作用が出ることもあるということです。

気を付けましょう。

まとめ

薬が効きにくいのか、副作用が出やすいのかは、人の耳の中の耳垢を見れば分かる、ということでした。

耳垢が乾燥してる人と湿ってる人がいることは知ってました。

なんで耳垢に違いがあるのか不思議でした。

まさか、耳垢で体質が分かるなんて!!

日本人で耳垢が乾燥してる人の割合が9割ってのも意外でしたよ。

ほとんど乾燥してるんですね。

そう考えると、湿ってる耳垢の人の中には、本来は乾燥してる耳垢なのに、中耳炎とかになってて湿っている人もいるかもしれません。

だって、日本人で耳垢が湿っている人が10%しかいないんですから。

小さい頃からずっと湿っている人は、そういう体質なんでしょう。

しかし、乾燥してたのにちょっと前から湿った耳垢になったって人は、薬が効きにくい体質なんだわ~とか思ってないで、耳鼻科へGO!です(笑)