餅が喉に詰まった時の対処法と詰まる原因やそうならない方法

高齢者だけじゃなく20代だって油断できません。

餅がノドに詰まったらどうしたらいいのか。

なぜ餅が喉に詰まるのか、その原因を知れば餅を喉に詰まらせない方法が分かります!

スポンサーリンク

餅が喉に詰まった時の対処法

年末年始に多いのが、餅を喉に詰まらせる事故です。

餅が喉に詰まった時の取り方で、やってはいけないのが、水を飲ませること。

詰まった餅が水によって喉の奥に入ってしまいます。

もっと気道を塞ぐことになりかねません。

危険です。

家庭でできる対処の仕方として背部叩打法というのがあります。

叩く前に、手を前に回して体を支えてあげてください。

背中を叩いた衝撃で転倒してしまう可能性があるので。

肩甲骨の間を手のひらの付け根の部分で少し強めに叩きます。

これで詰まらせた餅を吐き出させるのです。

餅が喉に詰まる原因

餅は、温度が低くなると固くなります。

熱々の餅でも、食べる時に、熱々のままだったら口の中に入れられませんよね。

ふ~って冷ましながら食べます。

ということは、ノドを通る時には温度が低くなっています。

固くなって、ノドに詰まりやすいのです。

また、水分が少ないと、ネバネバしてくっつきやすいです。

あべかわ餅があります。

きなこの風味が美味しいんですよね~。

あれって、餅の周りにきなこが付いています。

水分が少ないです。

つまり、あべかわ餅はノドに詰まりやすい。

注意してください。

スポンサーリンク

餅を喉に詰まらせない方法

餅がノドを通る時は、温度が下がって固くなるんでしたよね。

餅を柔らかくするために、暖かい飲み物を飲みながら食べることで、防げます。

餅を食べるなら、雑煮がいいです。

あたたかい汁の中に入っていますから、餅がかたくなりにくい。

水分があるからくっつきにくい。

野菜などの具と一緒に餅を食べることになるから、のどを通りやすい。

餅を喉につまらせずに食べるには、雑煮は最適ですね♪

それから、餅を一口大に切るのも有効。

一口大どころか、きざんで食べるくらいの勢いだと、さらに安心。

また、餅を食べる前に、お茶などを飲んでノドと食道を濡らしておきましょう。

高齢者だけが、餅を喉につまらせる危険性が高いのかというと、そうでもありません。

きな粉餅を、ガブッと口いっぱいに頬張り、飲み込もうとした時に、20代の人でもヒヤッとしたことがあるんじゃないでしょうか。

きな粉は水分量が少ないし、口の中の唾液を奪います。

スムーズに飲み込むためには、水分が大事なのです。

大きなかたまりで餅を口の入れないように!

年齢関係なく、不慮の事故を防ぐためにも、餅は飲み込みやすいような食べ方を心がけましょう。