巻爪や外反母趾を予防する足の指のトレーニング方法

足の指の力が弱いと、寝たきりになる可能性が!

足の指を鍛えなければ、外反母趾や巻き爪や浮き指になる可能性があります。

そうすると、歩き方が悪くなってしまいますよね。

放置してしまうと、歩き方だけでなく、姿勢にまでも悪影響を及ぼします。

そして最後には寝たきりに!

スポンサーリンク

巻爪や外反母趾を予防する方法

実は今、足指健康法に注目が集まっています。

なんと、足袋を履く幼稚園もあるんです。

足の指は、独立させて動かすというのが非常に大事。

ところが靴の中だと、全体的に蹴ってしまうんです。

その点、足袋だと、親指でしっかり蹴ることが出来ます。

だから、子供の頃から足の指を独立させて使えるようにするために、足袋を履かせる幼稚園も出てきたのです。

高齢者だって、健康寿命を伸ばすためにも、足の指をしっかり動かすというのが大事になってきます。

足の指ときちんと動かせているのかどうかチェックしましょう。

チェック方法は、足の指でのジャンケン。

これで寝たきりになるリスクが分かります。

足とか指に痛みの出ない程度に行ってください。

足の指を使って、グー・チョキ・パーが出来ますか?

できればOK。

もしできなかった時に、是非試してもらいたいのが、お手軽にできる足の指トレーニングです。

スポンサーリンク

足の指のトレーニング方法

これは、テレビを見ながらとか、料理を作りながらでもできます。

2つあります。

  1. 小指つまみ
  2. つま先立ち

1つ1つ見ていきましょう。

まず、小指つまみから。

足の小指を、手の指でしっかりつまんで上に引っ張ります。

これを10回。

なぜこれが効果的なのかというと、みんな小指はあんまり動かないと思っています。

本当は足の小指だって、手の指みたいに、独立して動くんです。

足の小指をつまんで、上に引っ張ることで、脳に刺激を送ります。

そうして、小指も独立して動くんだよ!という意識を持つようにするのです。

足の小指だけではなく、薬指とか中指とか、どの指でもやるほうがいいんですが、特に小指が動かないので、小指を重点的に行います。

外反母趾や巻き爪になると、足の外側で歩くようになります。

なので、小指が硬くなりがち。

動かなくなっていきます。

しかし、小指つまみを続けていくと、小指も独立して動くようになります。

続いて、つま先立ちについて。

裸足で行いましょう。

単純に、つま先で立つだけです。

つま先で立って、下ろして、を10回。

つま先立ちは、最初は3秒ぐらい。

つま先立ちでふらふらする場合は足の指の力が弱い証拠です。

その場合は、壁などに手をついて、転ばないように体を支えてください。

親指で蹴って歩くようにするために、つま先立ちをした時、内側に力を入れてみましょう。

この時、親指側にグッと力を入れるようにします。

そして、内側に力を入れた後は、外側。

今度は小指の方に力を入れます。

足の指が弱っていた人は、この運動で、筋肉痛になることもあります(笑)

しっかりと足の指を鍛えれば、ゴルフでも飛距離が出ますよ!

足の指を鍛えられるのと同時に、体幹も鍛えられます。

姿勢も良くなります。

健康寿命も伸びます!

コツコツ、毎日続けましょう\(^o^)/

巻き爪の治療で自分で出来る治し方やなった原因について
巻き爪を放っておくと大変なことになります。 痛みが出ているのにそのままにしておくと、炎症が起きます。 そしてばい菌が入って足の指...