夜トイレが近いとか夜中に起きることが多い場合には自覚症状がない病気の○○の可能性が!

夜中にトイレに起きることが多くなったな~。

対策として寝る前にトイレに行ったし、水を飲みすぎないように注意したけれど、夜になるとトイレが近いな~。

冬で寒いからかなって簡単に考えがち。

実は、腎臓がやばいかもしれません。

スポンサーリンク

夜中トイレに起きる原因として考えられること

腎臓が悪くなると、尿が出なくなるイメージがありませんか?

そのイメージとは逆に、腎不全の初期は、頻尿になります。

普通の状態だと夜のトイレの回数は0回から1回。

まったくトイレに起きずに、朝まで眠れるか、もしくはトイレに行くとしても1回だけ。

ですが、腎臓が悪くなると、夜に2回以上出ます。

腎臓病には自覚症状がほとんどありません。

血液検査をしてみたら、すごく悪かったとしても、患者の人は自覚症状がないので、検査結果の悪さが信じられない!という人も結構います。

つまり、病院に行った時にはすでに手遅れっていう場合も、思っている以上に多くあるんです。

自覚症状がないと言っても、ある程度病気が進行してくると、いくつか兆候が現れます。

その1つが、夜間に多尿なのです。

自覚症状がない病気である腎臓病について

夜中のトイレの回数が増えるのは、腎臓病の兆候です。

腎臓病っていまいちイメージができませんよね。

腎臓の働きは、老廃物をろ過すること。

ろ過する装置に、糸球体というものがあります。

腎機能が悪くなると、糸球体が目詰まりを起こしてしまいます。

糸球体とは、腎臓にある毛細血管のかたまり。

不要なものが含まれた血液から、不純物を取り出して尿にして、綺麗にした血液を再び血管に戻す役割を担っています。

腎臓が悪くなり、ろ過機能が低下すると、大変!

体の中に老廃物が溜まり、尿毒症などを起こしてしまいます。

それがいわゆる腎不全という状態です。

スポンサーリンク

腎臓について

腎臓は、背中側の腰の少し上に左右一つずつあります。

そら豆のような形をしていて、大きさは握りこぶしくらい。

先ほども言ったように、役割は血液をろ過すること。

それ以外にも、体内の塩分や水分をコントロールして、血圧を調整しています。

そして実は、その血圧が、冬に腎臓が悪くなりやすいことと大きく関係しています。

冷たい刺激によって、血管が細くなるということはどういうことだと思いますか?

ホースで流れる水を想像してください。

普通の状態と比べると、ホースが細くなると水が勢いよく流れますよね。

それは血液もそうです。

寒くなると血管が収縮します。

だから冬になると、血圧が高くなるのです。

血圧は、ダイレクトに腎臓に負担をかけます。

冬の方が、腎臓に負担がかかる理由は、こういうことだったのです。

夜にトイレが近くなるのは、寒いからしょうがないな~と解釈して、なにもしないでいるのは楽観的すぎるかもしれません。

腎臓病はほとんど自覚症状がないので、腎臓が悪くなってるから多尿なのかの判断って、検査しないことには分からないわけですから。

腎臓病の予防法ついては、こちらをご覧ください。

朝パンプスがきついとか寝起きで手足のむくみがある時の原因と予防法
朝なのにパンプスがきついっておかしいですよね。 歩き回った夕方とか夜にパンパンになるのは分かりますけど。 朝のむくみの原因につい...

腎臓をいたわることが大事。

そのために、普段の生活を見直しましょう。