子離れできない親に結婚を反対された時の説得方法!

結婚を考える年齢になってきて、相手がいるし、結婚を決意。

なのに、親が反対してくる。

どうしよう・・・。

どうやったら結婚を認めてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

子離れできない親が結婚に反対

いろんなパターンが考えられます。

まずは、娘の結婚を許さない親について。

婚活をしていて、相手が見つかった。

付き合いを進めて、ついに彼氏をお母さんに紹介するところまで来た。

ですが、そこでお母さんに嫌がられてしまう。

母と娘が仲が良すぎる人が多くて、結婚の邪魔をされてしまうケースが増えています。

反対されてしまうのは、「私はこの人と結婚したい!」という熱意が足りないから。

彼氏のいいところをしっかり言って、熱意を持って説得すれば、お母さんは「いいよ」と言ってくれます。

でも、熱意が足りなければ、お母さんに邪魔をされてしまいます。

つまり、母と娘の場合なら、熱意を持って説得すれば結婚することは可能。

母と娘は同性です。

お母さん自身は、幸せな結婚をしているわけです。

その証拠に、こうして結婚を反対してしまうほど大事な娘が存在している。

もし、その大事な娘が、結婚しなかったら・・・

そのことを、お母さんに考えてさせてください。

親が死んでしまった後、残された娘が、50歳60歳になって誰にも頼らず一人で生きていけるのか。

そんなふうに問われれば、親ならハッとしますよ。

お母さんも、「あなたも女の幸せをつかまなくちゃね」と気付きます。

そうすれば、お母さんは、娘を結婚させようと思えるようになります。

逆にこれが男性の場合は無理。

母と息子の絆は強すぎます。

息子と女性がうまくいっていて、結婚を決めようかなという段階で、お母さんがしゃしゃり出てくる。

そしてぶち壊す。

彼女がどうしても、その男性と結婚したい場合はどうすればいいのか。

・・・残念ながら諦めるしかありません。

いや、方法はあります(笑)

ただ、修行の道です(^o^;)

愛する夫のお義母さんに、感謝の気持ちを持つこと。

「この彼を産んでくれてありがとう!」と思うんだったらうまくいきます。

結婚した後も、ずっとず~っとです。

「この彼を産んでくれて、しかも自分と結婚もさせてくれて、お義母さんありがとうございます!」という姿勢でいる覚悟があるんなら。

スポンサーリンク

彼氏がマザコンならいずれ別れることになる

息子が、断固として親をはねのけられたら望みはありますけど。

マザコンなら、結婚は大変です。

マザコン男を変えるのではなくて、自分がお母さんを好きになる。

まあ、難しいですよね~。

だからマザコンの男性は、ずっと結婚できてない人が多いです。

マザコン彼氏は、親に反抗できません。

親の方も子離れが出来ていませんけど、子供の方もいつまでも親から卒業できないからです。

普通は、親が面倒を見るのは20歳までですよ。

なのに、そこから自立できていないということ。

20歳になってから何年も経っているのに、まだ自立できていないということは、もう無理です。

母と息子の仲良しは、母と娘の仲良しとは違います。

ほんとに、難しい。

たとえ、結婚したとしても、毎日お母さんに電話したりします。

マザコン男は治りません。

例えば、お見合いの相手がマザコン男性だった場合。

息子とお見合いするのではなく、お母さんとお見合いしなければいけません(苦笑)

息子は蚊帳の外でいいです。

お母さんが「この女性ならいいわね。」とオッケーを出せば、結婚できるという感じです。

お母さんと息子の絆は誰にも止められません。