車の運転で喧嘩のトラブルでの対処法と煽り運転の対策について

車の運転でのトラブルが増えていて怖いです。

煽り運転で喧嘩になるとか車から降り てきたとか、そういう時どうすればいいのでしょうか。

対処法や対策についてです。

スポンサーリンク

車の運転で喧嘩やトラブルに巻き込まれた時の対処法

運転中に突然煽られて、相手は怒って興奮している。

そんな時どうすればいいのでしょうか?

まず、車から降りないこと。

できるだけ、止まらないこと。

そして、何より焦らないことです。

相手に「止まれ!」とか「降りろ!」とか言われても、安全運転でやり過ごしてください。

もし、自分ひとりじゃなくて、友達とか家族とか、同乗者がいたら110番してもらい、警察の指示を受けること。

焦ると、別の事故につながってしまいます。

スマホでもokなので、動画撮影することも効果があります。

撮られているとわかったら、相手も迷惑行為をやめることが多いです。

そしてその動画は、もし裁判になった時でも、重要な証拠になります。

煽り運転の対策について

やっぱり、ドライブレコーダーです!

なんと、前方だけじゃなくて、リアウィンドウに設置して、後方も記録することが可能なドライブレコーダーがあります。

これだと煽り運転に効果的。

また、一番人気なのが、360度可能なドライブレコーダー。

他にも、夜中でも鮮明に撮影できるもの など、多種多様なドライブレコーダーが売られています。

自分が事故を起こした時もそうですけど、相手が何か仕掛けてきて言い争いになった場合とかは、ドライブレコーダーがあると安心です。

事実はどうであったのか、白黒の判断材料になるんじゃないでしょうか。

問題が起きた時、記録映像というのが確固たる証拠というか、決め手になります。

最近では、自家用車でもドライブレコーダーをつけている車が増えています。

実際に、裁判でも役に立っています。

スポンサーリンク

運転でのトラブルの対処法のまとめ

トラブルに巻き込まれそうになったら、回避すること。

口論で済まないかもしれませんので。

停車して、相手が出てきても、こっちは何があっても絶対に車の外に出てはいけません。

車がぼっこぼこに蹴られてとしても!

窓ガラスを割られるんじゃないかって心配になりますが、車のガラスは簡単に割れません。

即座に、110番しましょう。

一番大事なのは、トラブルにならないよう、日頃から安全運転を心がけること。

誤解されたり、因縁をつけられたりするのをできるだけ避けましょう。