食後のデザートがやめられない。甘いものを食べたくなる原因と別腹は女性だけなのかどうか

食後の甘いものを我慢したい!

でも、デザートは別腹で、食べてしまう(TOT)

なんで食後に甘いものが食べたくなるのか。

別腹ってどういう意味なのか。

スポンサーリンク

食後のデザートがやめられないしペロッと食べてしまえる理由

どれだけお腹がいっぱいでもデザートは食べられるという人は多いです。

なんで別腹が存在するのでしょうか。

私たちが感じる味には

  • 甘味
  • 塩味
  • 酸味
  • 苦味
  • うまみ

の5つの種類があります。

ちなみに、辛味は味ではなくて舌が感じる痛みのこと。

一般的に料理の味付けでよく使われるのが酸味と塩味とうまみ。

実は、お腹がいっぱいというのは、この酸味と塩味とうまみに対して脳が、もう十分だと感じているだけ。

つまり3つの味に飽きている状態です。

それに対して、甘味は十分に得られていません。

だから、お腹がいっぱいでも甘いものは食べられる。

満腹でも甘いデザートが美味しく感じるのは、甘味にはまだ飽きていないからというわけです。

甘いものを食べたくなる原因

洋食には必ずと言っていいほどスイーツが付いてきます。

一方で和食にはデザートはあまり出てきません。

それも、さっきの話と同じで、甘味に飽きているかどうか。

和食は、砂糖やお酒など、甘味のある調味料をよく使います。ということは、甘味も料理でしっかり味わえる。

だから和食では食後に甘いものを取る必要がない、ということです。

スポンサーリンク

別腹は女性がよく言う

「デザートは別腹」って、男性よりも女性が言っているイメージですよね。

女性は子供を産んで育てるので、エネルギーを蓄えないといけない。それは、皮下脂肪という形で蓄えられます。

皮下脂肪を作るために、女性ホルモンが働きます。

女性ホルモンが働くと、甘味を求めるようになります。

取った甘味が、皮下脂肪として蓄えられる。だから女性は、甘いものが好きな人が多くて、デザートは別腹って言うのです。