睡眠の質を高める深い眠りにつく簡単な方法

寝不足を解消するために、ぐっすり眠れるようになりたい(。≧Д≦。)

睡眠の質を高めて、深い眠りにつくには、どうすればいいのでしょうか。

この方法は簡単で誰でもできます。

今日からすぐに実行可能!

スポンサーリンク

睡眠の質を高める方法

ぐっすりと眠るためのポイント、それは

  • 寝る90分前に、お風呂に入って体を温める
  • 寝る前に頭を使わないようにする

です。

まず、睡眠に大事なのは↓こちら。

睡眠のゴールデンタイムとは?成長ホルモンが分泌される10時から2時だけ寝ると効果があるのか
明日に備えて、いつもより早く寝てはいけません!! 睡眠のゴールデンタイムは夜10時から2時だと思っていませんか? 実は、睡眠に大...

深い眠りにつく方法

どうすれば最初に深い眠りに入れるのか。

ポイントは、寝る前に体温を上げて下げて縮めること。

人は睡眠中、体内の温度である深部温度が下がり、手や足の温度が上がります。

これは、手と足から熱放散することで、深部体温を下げ、臓器や脳を休めるためです。

深部体温と皮膚温度の差が2度以下に縮まると、眠くなります。

これを効率的に利用する方法が、寝る90分前のお風呂!

深部体温は上がった分だけ、大きく下がる性質があります。

寝る前のお風呂で、一旦体温を上げておけば、スムーズに寝る気スイッチが入ります。

しかし、遅く帰って来た日はどうすればいいのでしょうか?

その時は、足湯で熱放散を促せば、入浴と同じ効果が短時間で得られます。

また、炭酸泉は疲れにくいために、睡眠がとれます。

寝る前にするとよく眠れること

眠りを促すホルモンであるメラトニンは、感情が高ぶると、分泌が阻害されてしまいます。

快眠のためには、頭を使わないことが大事。

「枕が変わると眠れない」という言葉があるように、睡眠前の脳は、わずかな刺激にも反応してしまいます。

何か考え事をしてしまったりするのは良くありません。

そこでスムーズに眠るためにオススメなのか、退屈な本を読むこと。

誰もが経験してると思います。

教科書を読んでたら、眠気に襲われて仕方がなかったことを。

いや、それはおかしい。

だって、教科書を読むと、頭を使うハズ。

頭を使ったら、刺激になるから、眠くなるわけない。

ということは・・・あの時、教科書を「読んで」たんじゃなく、「眺めていた」だけ・・

ぼ~っと教科書を見てた・・・教科書が退屈な本だったということに・・・あららら~(^o^;)

スポンサーリンク

快眠のための食べ物や飲み物

お酒を飲んで快眠のスイッチを入れるのも有り!

寝る前にアルコールはいけないとよく言われていますが、少しの量を飲むのは、素早く眠るのに効果的です。

ただし飲み過ぎは厳禁。

当たり前ですね(笑)

あと、眠る前に食べると深い眠りに入りやすいのは、冷やしトマトです。

トマトは体の熱を取ってくれます。

体温が下がり、睡眠モードになるのを助けてくれます。