レム睡眠とノンレム睡眠の周期が90分のウソやすっきり起きれる睡眠時間について

睡眠時間は90の倍数で計算すればいいわけじゃなかった!?

睡眠サイクルが90分じゃないなら、何分なの?

何時間眠ればいいの?

など、睡眠時間についてです。

スポンサーリンク

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは90分なのか

人は眠っている間に、脳が起きて体は眠っているというレム睡眠と、脳も体も眠っているノンレム睡眠を繰り返しています。

その周期がほぼ90分だから、計算して90分の倍数で寝るのが良いと信じている人は多いです。

しかしレム睡眠の周期には個人差があります。

90分の倍数なんてのは、まやかし。

研究によると、睡眠の周期は90分から120分の間で個人差があり、90分の倍数寝れば良いと言うのは勘違いなのです。

すっきり起きれる睡眠時間

何時間寝たらすっきり起きられるのか。

質の良い睡眠は90分サイクルだと考える人は、6時間半より6時間睡眠の方がいいと思っているでしょう。

そうすれば90分おきに起こるレム睡眠の時に目覚めることになるから。

でも、個人差によって誰もが90分サイクルじゃないことが分かったわけです。

すっきり起きるには何時間寝ればいいのかっていうのは、90の倍数では計算できません。

ただ、睡眠時間が短い6時間以下や、長い8時間以上の人の6年後の死亡率が、7時間睡眠の人の1.3倍あります。

ということは、睡眠時間は7時間くらいがいい。

目を覚ますのは、きっちり7時間後ではなくて、レム睡眠の時に。

どうすればいいのかというと、アラームを2つ使います。

起きる直前になると、深い眠りであるノンレム睡眠の時間が短くなっています。

2つのアラームを20分差でセット。

そうすると、2つのうちのどちらかは、浅い眠りであるレム睡眠に当たる可能性が高くなるってわけです。

良い目覚めが期待できます♪

スポンサーリンク

90分の睡眠サイクルについてのまとめ

睡眠時間は短くても、長くても、良くない。

7時間寝るべき!と言っても、それがなかなかできない場合は、睡眠の質を高めるしかありません。

寝不足を解消する寝だめより効果ありの方法について
一日中寝ていたのに、寝不足が解消されていない気がする。 いっぱい寝ればいいのかと思っていたのに! 足りない分を埋めればいいだけじ...

睡眠不足が続くと、女性は特に太り始めることがあります。

いろんなホルモンが変化し、よく食べるし、脂肪を溜めてしまうという方向に動いていくからです。

年齢を重ねると、太ってしまう中年太りも、案外、寝不足が原因なのかもしれませんね。

責任ある仕事がいっぱいあるし、不安なこともある。

おちおち寝てられない。

しなきゃいけないことが山積みで、時間を作るには、睡眠時間を削るという方法を取ってしまう。

大人って、悲しい(;^△^)