雷の時に安全な場所は家の中でどこなのかと外にいた場合の避難の仕方

雷がゴロゴロ鳴り始めると怖いです。

遠くの方で、ダーンっとか、ドドド~っていう音がすると「どこかで雷が落ちた!?」と思って、手に汗をかいてきます。

めったに落ちないって言われたところで、怖いものは怖い!

スポンサーリンク

雷が鳴っている時に安全な場所は家の中でどこなのか

まず落雷の傾向について。

雷は高いものに落ちやすいです。これはよく聞きますよね。

それから、雷は、より流れやすいところを流れます。

例えば、雷が木に落ちたとします。

近くに人が立っていたら、人の方へ雷は流れていきます。

木と人を比べたら、雷は人の方が流れやすいということです。

もし家に雷が落ちたとしても、電気は家の外側を流れていきます。

どうしても何か対策をしないと怖い人は、電話線から1メートル以上離れてください。

電話線に電気が流れていく可能性があるので。

あと水があるところからも離れましょう。台所のシンクや洗面所や風呂場やトイレなど。

電気ですから、水は危ないです。

高層マンションに住んでいたら、雷は高いものに落ちやすいので心配でしょう。

でも、避雷針で対策されている場合が多いですから大丈夫。

雷が鳴っている時に外にいた場合の避難の仕方

雷の避け方について。

まず、高い木の下に行ってください。

雷は高いものに落ちるので、自分より高い木の下に逃げます。

大事なのはこの時、あまり木の近くに行かないように。

雷は木よりも人へ流れてしまいますので。

落雷の衝撃を受けないように、木から最低でも2メートル離れましょう。

木の高さは4m以上であること。低い木だと意味がないですから。

それと周りに建物があったら、もちろんそちらの方が安全。

建物の中に入りましょう。

車の中も安全です。

金属は電気が流れやすいので、車体の方へ電気が流れていきます。

スポンサーリンク

まとめ

雷は、あの音が恐怖心を煽ってきませんか?(笑)

雷が落ちるかもしれない、感電したくない。それも恐怖の一因です。

しかし、単純に大きな音はビックリしちゃうんですよね。

お化け屋敷みたいな感じです。

お化けを恐れているっていうより、突然出てきてビックリさせられる、その怖さ。

雷のあの音は、空気が一気に膨張することで出ています。

なんか、もっと美しい音だったら良かったのに。