季節の変わり目にめまいや吐き気がする場合の対策

貧血ではなさそうだけど、めまいがする。

それに、気持ち悪い。なんか、車に酔った時みたいな。吐き気もあるし。

ちょっと思い返してみてください。

それは季節の変わり目だったり、雨が降る前だったりしませんか?

スポンサーリンク

季節の変わり目のめまいの対策について

「酔い止め」が予防になります。

多くの酔い止めには、リンパ液の動きをおとなしくする成分が含まれています。

「ジフェニドール」という成分がポイント。

酔い止めは、ジフェニドールが入っているものを選びましょう。

季節の変わり目のめまいや吐き気や気持ち悪いという症状に、なぜ酔い止めが効果的なのか?

それはですね・・・

季節の変わり目のめまいや吐き気の原因について

耳の奥にある「内耳」は、リンパ液という液体で満たされています。

役割は、身体の傾きを感知すること。

身体が傾くと、耳の中でリンパ液も傾きます。

身体の傾きに合わせて、内耳の中のリンパ液が流れるんですよ。

そのリンパ液の流れが、脳に伝わることで、私たちは「身体が傾いている」と認識しているのです。

しかし、このリンパ液は、気候とか天気に影響を受けます。

正しくは、気候や天気での「気圧の変化」に。

雨が降る前は、高気圧から低気圧に変わり、どんどん気圧が下がり出します。

この変化を耳がキャッチ。

外からの大気の圧力が弱まることで、耳の中から外へ、押し出そうとする力が強くなります。

すると、リンパ液の入っている内耳が膨張。

リンパ液が激しく波打ち始めます。

そのリンパ液の情報を受け取った脳は・・・

「リンパ液がパシャパシャしてる!身体が傾いているのかな・・・あれ?全然傾いてない。どういうこと?」

リンパ液からの情報は「傾いている」

目からの情報は「傾いていない」

正しいのがどっちなのか分からなくて、脳は大混乱。

酔ったような状態に。

脳のパニックが、めまいや吐き気を引き起こしていたのです。

スポンサーリンク

まとめ

季節の変わり目にめまいがしたり頭が痛くなって、頭痛薬を飲む人もいるでしょう。

けれど、原因が脳のパニックだったら、頭痛薬よりも酔い止めの方が、ピンポイントに内耳に作用するため、身体の負担も少ないです。

その時飲む酔い止めには、リンパ液の流れや、内耳の興奮を抑える成分が入っていなければいけません。

その成分が、ジフェニドール。

ですから、季節の変わり目のめまいや吐き気の予防として飲む酔い止めには、ジフェニドールという成分が入っているかどうか確認しましょう。

気圧と頭痛がなぜ関係するのかその原因と予防する方法
頭痛を予防するためのストレッチがあります。 耳や首周りの筋肉と、気圧の変化での頭痛。 全然関係ないように思えますが、実は関係あり...