読みやすい字を書くコツ!手紙を手書きしたいけど字が下手な場合

読みやすく書くためのポイント3つを意識するだけ。

人から字が読みにくいと言われたり、字が汚いと自覚している人も大丈夫!

字を習いに行かなくても、今のままの字で、読みやすく書くことが出来ます。

スポンサーリンク

読みやすい字を書くコツ

日記帳とかノートとか、手書きした手紙とか、読みやすくするために大切なことは、字のうまい下手ではありません。

字の形を1個1個キレイにしようと考えてしまいがち。

重要なのは、全体のレイアウト。

クセを直さずに、読みやすい字は書けます!

ポイントは3つ

  1. ひらがなを漢字よりも小さく書く
  2. 言葉を途中で切らないように改行する
  3. 行間と、字の間をそろえる

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

手紙を手書きしたいけど字が下手

ひらがなが小さい方が読みやすいんです。

街で目につく看板を見てみてください。

看板は、短時間で素早く情報を伝える必要があるため、漢字は大きく、ひらがなとカタカナを小さく書いてあります。

漢字と、ひらがなカタカナの大きな違いは、画数。

画数が少ないひらがなカタカナは、空白が多くて字の密度が低いですよね。

一方、漢字の方は画数が多くて字の密度が高く、ぎっちりと詰まった印象。

そうすると、ひらがなの方が膨張して漢字よりも大きく見えてしまいます。

そのため、ひらがなカタカナを小さくすればバランスが取れて、読みやすくなるんです。

それから、改行について。

改行の場所が悪いと、単語の意味がすぐに読み取れないと、目はまた前の行に戻って文字を読み直す作業が入ってしまいます。

例えば

「改行の場所が悪いと、」

「改行の場

所が悪いと、」

としてしまった時の目の動きの感じ、分かりましたかね?

「場所」を真ん中で切っちゃってると、次の行に移って「所」を見た時に、さっきの「場」にもう一度目を戻して、「ああ、場所って書いてるのね」となります。

これは読みにくいわけです。

「場」まで書いて、スペースがなくなってしまってやむを得ず改行・・・しないで!

無理矢理「所」を押し込むか、もしくはスペースがあまっても「場」は次の行に持っていくようにしましょう。

行間とか字の間のスペースも、詰まってしまわないようにゆとりを持たせること。

書き始めは良かったけど、後半になると書くスペースが足りなくなり、急にギチギチになったり。

そうならないように考えて書き始めてください(笑)

スポンサーリンク

まとめ

自分の文字のクセは、小脳という部分にインプットされています。

その小脳というのは、例えば、泳ぎ方だったり、自転車の乗り方など、繰り返し行う行動をインプットしているところです。

ですから、長い時間かけていったん覚えたものというのは、なかなか消えません。

相当、注意深く書かないと、文字のクセって出てしまいます。

字が汚いのがコンプレックスで、メッセージカードに手書きするのが億劫だった人も、このポイントを気をつけるだけで、かなり違います。

  1. ひらがなの大きさ
  2. 改行
  3. 隙間

読みやすさは字の綺麗さではなく、全体のレイアウトなのです!