鬱を自力で治す方法!仕事なのに集中力がない時の原因と対策

なぜかやる気が出ない。

集中力が無いし、集中力が続かない。

これってうつ病?

うつ病になる心当たりがないんだけど。

ブラック企業に務めているわけでも無いしな~。

でも、やる気が起こらないって、うつ病のイメージがあるし・・

スポンサーリンク

鬱を自力で治す方法

まず最初に、治し方からいきます。

脳の何かがどうにかなって、うつ病を引き起こしていると聞いたことがありますよね。

「脳」が正常に働いていない、と。

うつ病という危機的な状況にある脳を、意外な方法で救うことが出来るんです。

その方法は何だと思いますか?

「脳トレかな?」

いいえ、違います。

「それじゃあ、よく寝ること?」

それも違うんです。

なんと答えは

ぼんやりすること!

仕事でも集中力がない原因

脳は限界を超えて酷使されると、ぼんやりモードでなくても、勝手に休みを取ろうとして暴走してしまいます。

だから集中したくてもぼんやりしてしまうといった、コントロールできない状態に。

実際、うつ病の人の脳を検査すると、作業中は活動していないはずのぼんやりモードの部分が常に活発になっているなど、異常な状態が続いています。

その結果、仕事中も嫌な記憶が浮かんで集中できなかったり、やる気が起きなかったりします。

脳の暴走で精神が不調をきたす、というわけです。

それだけではありません。

例えば、胃や腸は何ともなっていないのに、お腹が痛くなるなど、体にも不調が現れます。

実際には発生していないトラブルが、発生したと、脳が錯覚するからです。

当然のことながら、お腹が痛くて病院に行っても、原因不明の体調不良と診断されます。

だって、実際には胃や腸にトラブルは無いんですから。

それなのに、脳が「胃や腸にトラブルが発生したぞ!」と錯覚して、お腹が痛いという症状を出しているのです。

つまり原因は、限界を超えて脳を酷使したこと。

体ではなく「疲れすぎて暴走した脳」にあるのです。

心身の健康のためには、きちんと我に返って、本来の自分を取り戻す癖を持つこと。

体の調子が悪い人は、ぼんやりしているかどうか振り返ってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

仕事だと分かっているのに、集中力がなくて困っている場合。

学生時代に授業で集中できないなら、自己責任なのでいいんですけど。

このままだとヤバいって、気持ちばかり焦ります。

気持ちがたるんでるのかな・・・そんなわけない!

だって、クビになるわけにいかないというプレッシャーがあるんだもん。

生活かかってるから。

なのに、どうして・・・

その原因が、「脳の使いすぎ」にあったとは、考えてもみませんでしたよ。

言われてみれば、何もしない時間なんて、今はありません。

スキマの時間で、スマホをバンバンスクロールして情報をかいつまんで仕入れながら、あれこれ考えたり。

じゃないと、時間がもったいないじゃないですか!

しかし、その生活が、まずかったなんて。

電車の中を見渡してみたところ、何もせず、ぼーっとしてる人ってあんまりいません。

みんなスマホで何やらやってますし、スマホを見てない人がたまにいても、そういう人はイヤホンをしています。何か聞いてるってことです。

もし聞いてるのがクラシックだったら、脳ものんびり出来るでしょうね。

でも、英会話の教材を聞き流していたり(笑)すると、脳は休めるハズありません。

もう、四六時中、何かしちゃう生活になってしまったんです。

だから、健康のためには、意識して脳を休める必要があります。

脳の使いすぎチェックと若返らせるためのぼんやりするコツ
脳を使いすぎていないかチェックしてみましょう(^_-)-☆ そして、このぼんやりする方法を、普段の生活に取り入れてみてください。 ...