食べても太らない人になりたい!太りにくい食べ方と順番について

サラダから食べ始めると太る!?

太りにくい食事の仕方は、野菜を先に食べればいいというわけではありません。

理由を知り、食べ方を改善するだけで、もっと楽にダイエット出来ます!

スポンサーリンク

食べても太らない人になりたいなら

まずはベジファーストで、サラダから食べていませんか?

よくあるレタスときゅうりとコーンのサラダ。

こんなサラダでは意味がありません。

ベジファーストとは、まずサラダを食べ、その後に食べる糖質の吸収をゆっくりにしようとするもの。

しかし、効果があるのは食物繊維の豊富な野菜のみ。

付け合せのサラダに使われているレタスやキャベツやきゅうりは、食物繊維量が非常に少ないです。

一般的にサラダで使われるおなじみの野菜って、どれも食物繊維量は少ないうんですよ。

食物繊維が多いのは、パプリカやブロッコリーや海藻やきのこなど。

こういう食物繊維が多いものを最初に食べないと、ベジファーストの意味がありません。

また、ダイエット中だからといって、サラダを食べる時にドレッシングもノンオイルでヘルシーなものを選んでいませんか?

空腹時に食べると、ドレッシングに含まれる糖質をダイレクトに吸収してしまいます。

それだと、血糖値が急上昇します。

あるものを先に食べることで、血糖値が上がるのを防ぎます。

そのあるものとは、チーズ!

チーズに含まれるタンパク質と脂肪が先に胃に入ると、糖質の吸収を穏やかにすることができ、血糖値を上げにくく出来ます。

つまりこれは、糖質を減らすのではなく、何かを足すという考え方。

ドレッシングをやめるのではなく、チーズを食べる(足す)ことで太りにくくしようってことです。

それが、ほんとうの意味での正しい糖質ダイエット。

食物繊維が少ないサラダを先に食べても意味がない。

じゃあ何から食べればいいのでしょうか。

太りにくい食べ方と順番について

それは、肉!

肉から手を付けましょう!

肉や魚といった脂やタンパク質を含んだおかずから先に食べ、最後に炭水化物を摂る方が太りにくいんです。

肉を最初に食べると良いというのも、タンパク質や脂の消化吸収に時間がかかり、糖質の吸収が穏やかになるからです。

おかずとごはんをまんべんなく食べなさいと、子供の時に言われた人も多いはず。

それは成長期の子供にはいいんです。

太りにくい人になりたい大人の場合は、おかずの後にご飯が鉄則です!

スポンサーリンク

太りにくい食べ方のまとめ

通常、糖質を摂取すると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上がります。

その後、インシュリンの働きで、エネルギーとして消費されて下降していきます。

しかし、空腹時にいきなり糖質を摂取すると、糖質が一気に吸収されて血糖値が急上昇。

その時、血液中で糖をエネルギーに変えているインスリンは、消費しきれない余分な糖を中性脂肪に変えて、体に蓄えるんです。

だから、太ります。

食べ方によって、血糖値の上がり方は変わってきます。

糖質が一気に吸収されて血糖値が急上昇させなければ、太りにくいのです。

食物繊維が豊富な野菜を先に食べたり、タンパク質や脂の多い肉を食べ、消化に時間が掛かるようにすること。

そうすれば、同じ量の糖質を摂っても、太らずに済みます。

ダイエットしてるのにラーメンが食べたい時の太らない食べ合わせ
太るといわれてるラーメン、パスタ、寿司など。 ダイエットの時は我慢させられますが、太りにくい食べ方をすれば大丈夫。 ストレスに耐...
糖質制限ダイエットで痩せない理由と炭水化物抜きの危険性
今、流行の炭水化物抜きダイエット。 あと、低糖質ダイエットとか、糖質制限ダイエットとか、ありますよね。 我慢してるのに痩せない!...
ストレスでやけ食いしたり甘いものが食べたくなる原因とやめる方法について
ストレスで食べるのが止まらないとか、お菓子などの甘いものを食べまくってストレス解消したりすることがありますよね。 どうして甘いものを食...