よく風邪をひくのを改善する方法と発熱でおでこを冷やす効果について

風邪ひきやすい人は、○○が原因かもしれません。

ちょっとしたクセが、ウイルスの侵入を許している可能性があります。

こんな視点からも風邪予防が出来ますよ、ということで。

スポンサーリンク

すぐ風邪をひくのを改善する方法

外から帰ってきたら、うがいしてるし、手もしっかり洗ってる!

栄養も摂ってるし、体も冷えないようにしてる!

気をつけてるのに、すぐ風邪をひいてしまう。

風邪をひきやすい体質なのかな?

免疫が低下してるから、風邪のウイルスに弱いのかな?

あれこれ試行錯誤。

だけどやっぱり風邪をひく(苦笑)

そんな人は、鼻に注目!

風邪をひきたくないなら、鼻を冷やさないようにしましょう。

鼻が冷えると、風邪をひきやすくなるという研究結果があります。

どういうことかというと、ウイルスが入ってくる時は鼻からが多いです。

なので、鼻を触っている人は風邪をひきやすい。

なぜなら、手についたウイルスが鼻の粘膜から入っていきやすいからです。

鼻から入ったウイルスが、全部体の中に入っていくわけではありません。

鼻だってウイルスをはねのける力を持っています!

ところが、鼻が冷えると、血流が悪くなり、はねのける力は低下。

ウイルスが侵入しやすくなるんです。

つまり、鼻を触りたかったら鼻を温めてから!

もしくは、手をしっかり洗ってから!

というか、鼻を触らないで!

つい、鼻を触ってしまうクセがある人は、風邪が流行っている時期は特に気をつけましょう。

スポンサーリンク

発熱時におでこを冷やす効果について

熱を下げるには、おでこを冷たいタオルで冷やすと良いと思っていませんか?

ドラマとか、漫画で見かける光景ですけども。

そもそも、なぜ熱が上がっているのでしょうか。

ウイルスは熱に弱いです。

そして、白血球は、熱が高い方が頑張ってウイルスを排除してくれようとします。

その両方から、体は熱を上げて、ウイルスとたたかっています。

風邪を治すために熱が上がっているっていうのに、熱を下げようとするのは間違い。

それに、残念ながら、おでこを冷やしたところで熱は下がりません。

だからって、まったく無意味というと、そんなこともないんですよ。

冷たいタオルの直接の効果は、ひんやりして気持ちいいってくらいなんですけどね。

親子関係や夫婦関係が良好であれば、風邪が早く治ると言う研究結果があります。

おでこに冷たいタオルをのせてあげる、みたいな看病してくれる家族がいるということは、治りやすいってことです!

それから、風邪をひいた時はお風呂は避けるべきとも言われますが、それは昔の話。

昔は、家の中にお風呂はありませんでした。

田舎だと外にお風呂があります。

せっかくお風呂で温まったのに、部屋に戻る頃には体が冷えてしまうので風邪が悪化します。

しかし、今は家の中にお風呂がありますよね。

だったら体を温めて寝た方がいいです。

体が温かい方が治りも早くなります。

ただし、お風呂に入る前後の寒暖差には要注意!

脱衣所は温めておきましょう。

こたつで寝ると風邪引くとか治すには汗をかく方がいいとかについて
風邪をひくのでコタツで寝てはいけないとか、風邪を早く治すためには厚着をして汗をかくようにした方がいいとか、言われたことありませんか? ...