寝不足は太るのか痩せるのかどっち!?

睡眠時間が長いと太るって聞いたことあるような無いような・・・

起きてる方が寝てるよりもカロリーを消費しそう。

だから寝不足で起きてる時間が長い方が痩せるのではないか。

そう思いますけど・・・

スポンサーリンク

寝不足は太る

寝不足になると、太りやすいです。

なぜなら、寝不足になると、成長ホルモンの分泌が低下します。

そうすると、筋肉の増強が抑制されます。

脂肪の代謝も低下してしまうのです。

筋肉が増えない&脂肪の代謝が落ちてしまう=太りやすい

それだけではありません。

寝不足が食欲を増加させる

睡眠不足になると食欲が増します。

それと同時に満腹を感じにくくなるんです。

これは睡眠不足に対応するために、活動に使われるエネルギー量を増やすための反応。

どういうことか詳しく見ていきましょう。

まず、食欲に関する物質が2つあります。

レプチンとグレリンです。

脳の視床下部に作用し、満腹中枢の働きを高めて食欲を抑制する働きをしているのが、レプチン。

グレリンは、胃から分泌され、脳の視床下部に作用するペプチドホルモンで、食欲中枢を刺激して食欲を増進させています。

レプチンの分泌量が増えるとグレリンの分泌が減ります。

逆にレプチンの分泌量が減少すると、グレリンの分泌量が増加します。

睡眠不足になると、グレリンの分泌量が増えます。

ということは、レプチンの分泌は減るわけです。

食欲を感じさせるグレリンが増え、満腹を感じるレプチンが減る。

なので、睡眠不足が続くと食欲が増して、太ってしまう可能性が高くなります。

睡眠不足の解消がダイエットとなり、痩せた人もいるのです。

寝不足を解消する寝だめより効果ありの方法について
一日中寝ていたのに、寝不足が解消されていない気がする。 いっぱい寝ればいいのかと思っていたのに! 足りない分を埋めればいいだけじ...
スポンサーリンク

胃の不調で食欲が減る理由や別腹の謎について

胃の病気や不調によって胃壁が傷つくと食欲がなくなりますよね。

その理由は、胃からのグレリンの分泌が低下するためと考えられています。

それとは逆に、満腹状態でも、美味しそうなものを目にすると食欲がわくことがありますよね。

ケーキは別腹。

これは、グレリンによって引き起こされています。

香りとか、見た目とかで、「美味しそう~食べた~い」ってなって、精神的な食欲が高まります。

食べたい気分の盛り上がりによって、グレリンが分泌されるとともに胃のぜん動運動が始まり、胃の上部に空間が生じて、食べ物を入れることができるようになるのです。

精神的なものによっても、食欲は左右されるということ。

食欲に振り回されないように、落ち着きましょう(笑)